楽天証券トップページ

取引手数料(国内現物)

取引金額10万円30万円50万円100万円300万円
手数料(税込) 99円 275円 275円 535円 1,013円

楽天証券のお得情報

楽天証券キャンペーン

評価ポイント 楽天証券の"ここがオススメ!"

取引金額10万円まで手数料無料なら(いちにち定額コース)

楽天証券自慢の取引コスト!いちにち定額コースなら、取引金額10万円までなら取引手数料が無料です。

多くの投資家が支持する取引ツール

パソコンからなら「MARKETSPEED」で豊富な投資情報を、スマホからなら「iSPEED」で時間や場所を問わず素早い取引が可能です。 あなたの投資スタイルに合わせて選べる、使いやすい取引ツールを提供しています。

楽天ポイントが貰える!

楽天証券で投資信託の買付や保有を行うと楽天市場などで利用できる楽天ポイントが貰えます。

スマホで取引するなら楽天証券!

iSPEEDイメージ
スピーディーな発注機能が大好評
楽天証券で口座開設を行えば、スマホからダイレクトに発注できるiSPEEDがとても便利。現物取引の取引を行う場合、注文画面と銘柄画面双方から発注できるメリットがあるのです。
有力情報をスピーディーに入手
楽天証券のiSPEEDはニュースなどの情報量の多さには定評があります。国内株式、為替/金利、アジア市況、米国市況、欧州市況など情報もキチンと項目分けされています。そのため知りたい情報がすぐに手に入ることから、投資家の多くから支持を集めています。

楽天グループ内の連携サービス

楽天証券のメリットは何と言っても楽天グループ間の連携サービスにあると思います。その中のいくつかをご紹介します。
預金金利が5倍になる「マネーブリッジ」
楽天銀行と楽天証券の連携サービスは「マネーブリッジ」と言われ、いくつかのサービスの集合体となりますが、なんといっても嬉しいのが、利用するだけで「楽天銀行にあずけている預金金利が5倍になります」と言うサービスです。
これ以外にも株式配当時に現金が貰えるほか、色々な魅力を秘めたサービスですので楽天証券の口座開設時には同時に申し込みしておくのも◎ですよ!

※マネーブリッジの全体の流れは下図をご覧ください。
マネーブリッジの全体の流れ
楽天ポイントが貰える「ハッピープログラム」
もう一つの連携サービスが「ハッピープログラム」と言われるものです。こちらも複数の特典をまとめたサービスですが、「取引に応じて楽天スーパーポイントがもらえる+会員レベルもアップ」と言う2重に美味しいサービスです。正直書ききれないぐらいメリットがあり、且つ申込など一切無料で完結できますので何はともあれサービスを受けておくべきですよ。
ハッピープログラムの特典

楽天証券のNISA(ニーサ)への取組み

NISA手数料0円
楽天証券はSBI証券と同じく、「国内株の売買手数料無料」「海外取扱ETFの買付手数料が実質0円」を実施しています。

手数料が安いネット証券とは言え、手数料は経費ですので無料なのは嬉しいですね。また楽天証券にはNISAにピッタリの商品「投信ミニ投信」(少額からの投信積立)などもありますので楽天証券のNISA口座であれば幅広い投資スタイルにも対応できると思いますよ。

楽天証券の手数料

実質的な手数料はお得!?

ネット証券各社の手数料比較では楽天証券の手数料は平均程度ですが, 楽天グループの連携サービスと組み合わせる事で還元されますので実質的なコストという意味では上位業者には負けていないと思います。

口座開設料・口座管理料

総合口座, 信用取引口座, 海外株口座, 先物口座にNISA口座のいずれも口座開設や口座の保有に関しても無料です。

特に信用取引口座を開設しておくと人気の取引ツール「マーケットスピード」の利用料金が無料になりますのでとてもお得ですよ!!

▶詳しい手数料比較情報を見る ※上記の内容はこちらのページをもとに作成されています

楽天証券のチャート分析ソフト

ビックリするぐらいの高機能な「テクニカルチャート」

押しも押される人気ツール「マーケットスピード」の影に潜む形になっていますが、楽天証券の「テクニカルチャート」も隠れた高機能ツールですよ。
特徴はテクニカル分析に精通している人しか知らないであろうテクニカル指標を含めてネット証券チャートツールで最多となる60種類のテクニカルとこれまた他社ではお目にかからない比較チャートの指数の種類です。

▶詳しいチャート比較情報を見る ※上記の内容はこちらのページをもとに作成されています

楽天証券のトレードツール

楽天証券の取引ツール「MARKET SPEED」

楽天証券の取引ツールは60万人が利用する超人気ツール「マーケットスピード」です。テクニカルやチャートタイプなど機能面も理由の一つですが, ニュースやチャートなどの配置の自由度や2クリックで見たい情報にたどり着けるユーザビリティの高さが好評化の理由のようですね。
楽天証券のトレードツール
他社も高機能トレーディングツールを発表していますが, 「進化する取引ツール」の先駆けとして今後も機能拡充に期待しましょう!

▶詳しいツール比較情報を見る ※上記の内容はこちらのページをもとに作成されています

楽天証券の取扱商品

SBIに負けないラインナップに加えて先物がアツい!

楽天証券の取引商品ラインナップは投資信託(ノーロードファンド取扱数含む)・海外株・債券とSBI証券に肩を並べるほどのバラエティを誇りますが, その中でSBI証券には無い差別化ポイントの一つとして上げられるのが, 商品先物の取扱です。

先物取引は「レバレッジが効く」「限月有り」など現物株には無い項目がありますが, その分現物株とは違った特徴ある商品を取引できる点が魅力です。

楽天証券では先物口座を開設することにより金や白金などの貴金属, 原油・天然ゴムなどの材料, その他穀物など様々な商品先物に投資をすることができます。株式銘柄とは違った動きをしますし, 身近な商品ですので需給に応じた今後の値動きの予想などもやりやすいと言う利点もあります。

▶詳しい取扱商品比較情報を見る ※上記の内容はこちらのページをもとに作成されています

楽天証券のスマートフォンアプリ

「マーケットスピード」ブランドのスマホアプリ「iSpeed」

スマホ用の取引アプリとして楽天証券で「iPhone」「アンドロイド」「iPad」それぞれに專門ツールを用意しています。 注文系、レート系、チャート系(含むテクニカル)も「マーケットスピード」の良さを踏襲しており、加えてスマホアプリに珍しく個別銘柄向けのニュース(四季報や株主優待情報)なども充実しています。「さすが」ですね!

▶詳しいスマホアプリ比較情報を見る ※上記の内容はこちらのページをもとに作成されています

楽天証券の情報力

ニュースも豊富ながら外部・内部アナリストレポートも魅力!

ロイター, フィスコ, モーニングスターなどの株式ニュースの情報量の豊富さもそうですが, 楽天証券の内部及び契約している外部アナリスト陣のレポートの数々もメリットの一つです。

レポートは1日3本ほど更新されており, 個別銘柄, 投信, FX, 先物などバラエティに富んだ内容です。

▶詳しいニュース比較情報を見る ※上記の内容はこちらのページをもとに作成されています

楽天証券の銘柄検索ツール・株式ランキング

スクリーニング種類も多く簡単設定もユーザに優しい♪

楽天証券の銘柄スクリーニングツール「スーパースクリーナー」。スクリーニング種類も多めで「10万円で買える225銘柄」や「海外売上比率が高い銘柄」など, 使えるカンタン検索機能も用意されている便利ツールです。

また売買シグナル系のスクリーニング機能もあり楽天の独自性を体現しているツールと言えます。

▶詳しいスクリーニング比較情報を見る ※上記の内容はこちらのページをもとに作成されています

↓
Web上での口座申込はこちら!
 ※申込は5分程度で終了します

楽天証券の会社情報

会社名称 楽天証券株式会社
所在地 〒158-0094 東京都世田谷区玉川 1-14-1
電話番号 0120-188-547(口座開設についての問い合わせ番号)
上場企業名 楽天(東証1部・4755)
登録番号 関東財務局長(金商)第195号
設立 1999年(平成11年)3月24日
公式HP https://www.rakuten-sec.co.jp/

※本ページの比較・ランキング情報はみんかぶネット証券会社比較 楽天証券の総合評価・口コミ・徹底調査より転載しております。

※本調査については、2019年11月11日時点のものになります。
※本ランキングは実際の取引画面などの調査から個人投資家へのアンケートなど多面的な調査・アンケートに基づいておりますが、必ずしもサービスの内容を保証するものではございません。

top