市場ニュース

戻る
2017年12月16日06時30分

【特集】【今週読まれた記事】増えゆく「青天井」銘柄と長期上昇相場説の符合

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより
 株探でその週によく読まれた記事を紹介する【今週読まれた記事】のコーナー、今週は12月9日から15日までの株探へのアクセス状況を元に人気の記事をご紹介します。

 「年末特有の荒っぽい値動き」。日経平均株価が乱高下した前週の相場に対しての、【杉村富生の短期相場観測】での表現です。その理由を地政学リスクやマクロヘッジファンドによるものと分析したうえで、「企業業績などファンダメンタルズは良好」であり、「テクニカル的には1990年以来の長期下降トレンドが終焉、上昇トレンドに転換している」と指摘。「目先の株価の乱高下に一喜一憂する必要はない」とアドバイスし、数々の有望株を紹介、大きなアクセスを集めました。

 そう、「目先の株価の乱高下に一喜一憂する」場面ではないのでしょう。「1990年以来の長期下降トレンドの終焉」と「上昇トレンドへの転換」は、株探に寄稿いただく幾人かの識者が共通して指摘するものです。となれば、この方の記事を紹介しないわけにはなりません。「日経平均は4万円になる」「いや、4万円も単なる通過点に過ぎない」とする武者陵司氏の「“不思議の国”からの帰還、始まる大資本移動(完全版)」です。前週、要約版を配信しましたが、改めて完全版を配信。長期トレンドの転換と大上昇相場が続く理由を改めて解説、多くの方に読まれました。

 とはいえ、長期上昇相場の中であっても、目先の相場展開にも気は配りたいところ。2万3000円での売り圧力と、上抜けなかった場合の「2万2000~2万3000円の往来相場の様相を強める可能性」を相場観特集「今年も大詰め 第一線のプロが見極める年末年始相場」に登場した植木靖男氏は指摘。隔週連載の「植木靖男の相場展望」と同様のアクセスを集めました。同じく相場観特集では、日本アジア証券・清水三津雄氏三木証券・高橋春樹氏も人気でした。「富田隆弥の【CHART CLUB】 『売買活発化しやすい12月』」では上放れの場合、「1991年当時の2万5000円~2万7000円を目指す」と予想しています。

 今週のアクセスランキング1位に輝いたのは「利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第2弾 41社選出 <成長株特集>」。時価総額800億円以上を対象とした第1弾に続き、時価総額100億円以上800億円未満の銘柄から四半期ベースで過去最高益、通期予想でも過去最高益の銘柄をリストアップしました。14日配信の第3弾はは第1弾、第2弾からは漏れたものの、充分に魅力的な青空天井株を紹介。週後半配信のためアクセスランキングトップ10には入りきれませんでしたが、こちらも大人気となりました。第1弾では32社、第2弾では41社、第3弾では30社を紹介しましたが、これだけの数の最高益銘柄が存在することもまた、経済的にも長期トレンドが転換している表れといえるかもしれません。

 次いで人気を集めたのは「中村潤一の相場スクランブル 『2017年の“大トリ爆進株”を探せ』」。現状の相場分析とともに年末期待の材料株を紹介。今号も大人気を博しました。

 同じく大人気連載の「【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 銘柄に恋するなかれ! 試し買いで“成功の種”を撒け」では、なんと北浜氏がこの春 ビットコインに投資し、“12倍高”を実現したという逸話を紹介。それができたのは“試し買い”だったからであり、個別株投資も同様に“試し買い”から始めることをアドバイス。それこそが大きな成功へつながるとし、北浜氏お薦めの“試し買い”候補銘柄を紹介しています。

 仮想通貨関連の話題は株探ランキング内でも目立つようになっており、今週はGMOインターネット <9449> 系で仮想通貨取引を手がけるGMOコイン・若松剛史社長へのインタビュー記事がアクセスを集めたほか、関連株に人気が集まる状況を紹介した「『仮想通貨』関連株への注目続く、ビットコインの先物取引が開始<注目テーマ>」がよく読まれました。なお、仮想通貨の詳細な情報は姉妹サイト「みんなの仮想通貨」で提供しています。

 投資テーマを扱った記事で最も人気だったのは「『人工知能」関連に物色人気再燃の兆し、政府がAI用新型半導体支援<注目テーマ>」。次いで「7年後20倍4800億円、市場拡大“協働ロボット”で変わる職場と関連株 <株探トップ特集>」、「内需関連“見直し買い”気配、注目『ドラッグストア・介護関連』9銘柄 <株探トップ特集>」、「“ゲノム編集”時代、黎明――『1兆円市場』への道、関連株 <株探トップ特集>」がアクセスを集めました。

 少額投資シリーズは「5万円以下で買える、低PBR・高利回り『お宝候補』」をテーマに【東証1部】編 17社選出【2部・新興】編 25社選出を配信し人気でした。

 明日の好悪材料、サプライズ決算は今週も配信した全記事がアクセスランキング上位に入りました。

  【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (12月8日発表分)
  【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (12月11日発表分)
  【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (12月12日発表分)
  【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (12月13日発表分)
  【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (12月14日発表分)

  ★本日の【サプライズ決算】速報 (12月08日)
  ★本日の【サプライズ決算】速報 (12月11日)
  ★本日の【サプライズ決算】速報 (12月12日)
  ★本日の【サプライズ決算】速報 (12月13日)
  ★本日の【サプライズ決算】速報 (12月14日)

株探ニュース

日経平均