市場ニュース

戻る

【特集】【今週読まれた記事】復活を待つ好材料株! 反転上昇のタイミングを見極める

 株探でその週によく読まれた記事を紹介する【今週読まれた記事】のコーナー、今週は9月23日から30日までの株探へのアクセス状況を元に人気の記事をご紹介します。

 今週の日経平均株価は水準を大きく切り下げ、前週末比1216円安の2万5937円で取引を終了。世界的なインフレ・景気減退の懸念が株式市場に濃い影を落とすなか、「相対的に見て割安」と言われている日本株も苦戦を強いられています。

 <相場観特集>で見通しを伺った証券ジャパン調査情報部長の大谷正之氏は、国内企業は底堅い業績が期待できることで「日本企業の中間決算発表が本格化する10月下旬」に反発が見込めると予想。米国を始めとした世界市場の動向を注視しつつ、日本株に有利なタイミングを見極めたいところです。

 「ここでのターゲット銘柄は、収益好調、好材料などがあるにも関わらず、市場の急落に巻き込まれた中小型株」と指摘するのは、大人気相場コラム「【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─市場崩落にツレ安の中小型・有望株を仕込む!」の北浜氏。相場転換時に急浮上する可能性のある銘柄を複数挙げ、今週のアクセスランキング1位に輝きました。

 そのほか、「この局面は個別銘柄対応が有効である。この基本戦術は不変だ」と、全体相場の下落に流されない好材料を誇る個別銘柄を紹介した「【杉村富生の短期相場観測】 ─利上げは来年早々に打ち止めか?」が7位となるなど、相場コラムは今週もすべての記事が上位ランキング入りしています。どの記事もお見逃しなく。

  森田潤(ちばぎんAM)が斬る ―どうなる?半年後の株価と為替―
  齋藤正勝の眼 from STOCKVOICE
  【村瀬智一が斬る!深層マーケット】物色はテーマ性ある材料株での値幅取りに
  【和島英樹のマーケット・フォーキャスト】 ─円安も追い風に、回復期待高まるインバウンド関連
  富田隆弥の【CHART CLUB】 「目先反発も、慎重姿勢は続く」


 アクセスランキング2位は「利益成長“青天井”銘柄リスト」の【総集編】第2弾「利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第2弾 33社選出 <成長株特集>」が獲得。4-6月期決算で四半期ベースの過去最高を更新し、かつ今期も最高益を見込む銘柄をリストアップしたこのシリーズは、10月後半から始まる7-9月期決算発表の注目銘柄を探す上で必見の記事です。週半ばの木曜日に配信した第3弾と先週配信の第1弾もランキング入り。待望の“第4弾”は明日10月2日19時30分配信予定です。

  利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第1弾 30社選出 <成長株特集>
  利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第2弾 33社選出 <成長株特集>
  利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第3弾 33社選出 <成長株特集>

 高配当利回りランキングが大人気の<割安株特集>では「まだ間に合う、9月配当【高利回り】ベスト30『プライム』編 <割安株特集>」がトップ10入り。そのほか以下の記事もすべて上位入りとなっています。

  まだ間に合う、9月配当【高利回り】ベスト30「スタンダード他」編 <割安株特集>
  【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 9月28日版

  10万円以下で買える、増収増益&低PER 25社【プライム】編 <割安株特集>
  10万円以下で買える、増収増益&低PER 23社【スタンダード】編 <割安株特集>


 投資テーマ関連では「2022年『ノーベル賞』発表目前、日本人受賞へ期待高まる 有望株総点検 <株探トップ特集>」が6位にランクイン。日本人の受賞者があった場合、関連株が動意するのが通例となっているノーベル賞。候補者と関連銘柄をまとめたこの記事をチェックすれば、今年のノーベル賞対策は万全です。

 そのほか、多くの集客交流が見込まれる国際会議や国際見本市などのイベントの総称で“隠れインバウンド”と称される「MICE(マイス)」関連銘柄の動向を探った「隠れインバウンドの『MICE』関連、入国規制大幅緩和で出番到来 <株探トップ特集>」が上位入りしたほか、以下の記事もよく読まれています。

  Web3の潮流が追い風、物色機運高まる「中小型ゲーム関連株」7選 <株探トップ特集>
  来年1月の本格運用迫る、「電子処方箋」関連株はデジタル化で飛躍本番 <株探トップ特集>
  DXはバックオフィスから営業支援へ 「デジタルセールス」でバズる株 <株探トップ特集>


 テクニカルアナリスト・横山利香さんによる投資初心者・中級者向け「株探」活用講座の第28回「利益確定を視野に入れて、スイングトレードで安いところをサクッと狙おう!」が公開されました。今回はスイングトレードする上で、これだけは押さえておきたいテクニカル投資のツボをわかりやすく紹介。株価の買われすぎ・売られすぎを判断できるオシレータ系指標の“RSI”と“MACD”を組み合わせ、売買のタイミングを図るポイントを横山氏がレクチャーします。


 株探プレミアム専用コラムは2記事を配信。1記事目は野村アセットマネジメント シニア・ストラテジストの石黒英之氏に伺った“株探プレミアム・リポート”の第2回となる「半導体関連の反転はいつ~利上げ・円安相場の攻め方その2」です。

 今回のリポートでは逆風吹き荒れる半導体セクターに注目。主要半導体銘柄で構成されるフィラデルフィア半導体株指数が21年末から約35%もの下落となるなか、石黒氏は「今後の成長が期待できる要素があれば、株価水準が落ちている今は投資の好機になる」と分析。長期視点では半導体セクターの成長シナリオは崩れておらず、PERや企業価値などを考慮したうえで投資を行えば反転上昇に乗る絶好のタイミングになると指摘します。プロが注目する半導体関連の指標や具体的な銘柄などにも触れながら、半導体市場の先行きを見通します。プレミアム未登録の方も1ページ目が無料でご覧いただけます。

 また、石黒氏に伺うプレミアム・リポート最終回「100億人 × 100歳の『ダブル100』がチャンスを生む~利上げ・円安相場の攻め方」を本日10時に配信予定です。お楽しみに。

 2記事目は智剣・OskarグループCEO兼主席ストラテジストの大川智宏氏による「日本株・数字で徹底診断!」第97回「円買い介入を誘った超円安で、小型内需株が強いわけ」を配信。今回は、政府・日銀が24年ぶりに為替介入に踏み切るほどの超円安環境において、“小型内需株”のパフォーマンスが高い背景を分析。「海外依存度」と「経常利益成長率」の観点から、“小型内需株”の強さの秘密を紐解きます。2ページ目には銘柄リストも公開しています。株探プレミアムは初回登録時のみ30日間の“無料体験”ができます。まだの方はぜひ無料体験をお試しください

 株価のリアルタイム化や通期業績の25期表示、「成長性」表示など、投資に役立つ多くの魅力的な機能がご利用いただける「株探プレミアム」。無料体験期間中は新しくリリースされた「株探 米国株」の機能もフルで利用可能です。詳細は「株探プレミアムのご紹介」ページをご覧ください。皆様のご加入をお待ちしております。


 引け後の情報をまとめた株探の看板記事「本日の【サプライズ決算】速報」「明日の好悪材料」は今週も全記事がランクイン。材料を一つひとつ確認する手間が省けるとても便利な記事です。ぜひご活用ください。

  【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (9月22日発表分)
  【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (9月26日発表分)
  【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (9月27日発表分)
  【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (9月28日発表分)
  【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (9月29日発表分)

  ★本日の【サプライズ決算】速報 (09月22日)
  ★本日の【サプライズ決算】速報 (09月26日)
  ★本日の【サプライズ決算】速報 (09月27日)
  ★本日の【サプライズ決算】速報 (09月28日)
  ★本日の【サプライズ決算】速報 (09月29日)

株探ニュース


日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク