市場ニュース

戻る

【特集】利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第1弾 30社選出 <成長株特集>

特殊陶 <日足> 「株探」多機能チャートより
 本特集では、7月下旬から8月中旬までの決算発表集中期間に配信した「利益成長“青天井"銘柄リスト」を、“全期間”を対象に再構成した総集編をお届けします。今回は総集編 第1弾として、時価総額2500億円以上の銘柄を対象に、22年4-6月期に四半期ベースの過去最高益を更新し、かつ今期も最高益を見込む、いわゆる利益が“青天井”状況になっている銘柄をリストアップした。

 下表では、本決算月にかかわらず、4-6月期に経常利益が全四半期ベースの過去最高益を更新した銘柄をピックアップ。さらに、会社側が今期(通期計画)も過去最高益見通しを示している30社を選び出し、4-6月期の過去最高益に対する上振れ率が大きい順に記した。

 上振れ率トップとなったのはGMOペイメントゲートウェイ <3769> [東証P]。22年4-6月期(第3四半期)の税引き前利益は218億円と過去最高益だった直前の1-3月期実績を5倍も上回って着地。EC市場の成長を背景にオンライン決済代行事業が拡大したほか、対面決済も政府による行動制限の解除を受けて飲食店などで利用が伸びた。また、タイの持ち分法適用関連会社の全株式を売却したことに伴い、売却益164億円を計上したことも利益を大きく押し上げた。

 2位に入ったレーザーテック <6920> [東証P]の4-6月期(第4四半期)は、半導体メーカーがEUV(極端紫外線)リソグラフィを用いた半導体製造能力の増強など先端分野への積極投資を継続するなか、EUV関連を中心に半導体マスクブランクス欠陥検査装置が大きく伸びた。併せて発表した23年6月期の経常利益は前期比25.1%増の420億円と7期連続で過去最高益を更新する見通しだ。

 続く3位のサントリー食品インターナショナル <2587> [東証P]は新型コロナウイルス感染拡大の影響が和らいだベトナムで清涼飲料の需要拡大が本格化したほか、欧米では販売数量の増加と値上げ効果で収益が大きく伸びた。海外事業の成長で原材料価格や人件費高騰の影響を吸収し、4-6月期(第2四半期)は7四半期ぶりに過去最高益を更新した。

 4位のアドバンテスト <6857> [東証P]はSoC(システム・オン・チップ)半導体用試験装置が先端プロセス品向けの販売が大幅に伸びたうえ、半導体メーカーの増産投資で成熟プロセス品向けも好調だった。また、為替の円安進行も追い風となり、4-6月期(第1四半期)は3四半期連続の最高益更新を遂げた。併せて、上期配当の増配方針や自社株買いの実施を発表するなど、株主還元にも積極姿勢をみせる。

 5位の三菱倉庫 <9301> [東証P]は旺盛な貨物需要を背景に、国際運送取扱事業で輸出入貨物の取扱量が増加した。また、海上・航空運賃の単価上昇や円安も寄与し、4-6月期(第1四半期)は売上高、経常利益ともに過去最高を塗り替えた。物流関連では、海運大手の日本郵船 <9101> [東証P]と川崎汽船 <9107> [東証P]のほか、港湾総合運送大手の上組 <9364> [東証P]がリスト入りしている。

 6位の日本特殊陶業 <5334> [東証P]は主力とする自動車エンジン向け点火プラグが欧州を中心に補修用製品の販売が好調だったほか、半導体製造装置用部品の引き合いも強かった。また、為替の円安もプラスに働き、4-6月期(第1四半期)は3四半期連続となる最高益を達成した。指標面では配当利回りは4%台後半で推移する一方、予想PERは8.4倍と割安感が強く上値余地はあるとみられる。

 28位にリストアップされたフジクラ <5803> [東証P]の4-6月期(第1四半期)経常利益は124億円(前年同期比34.2%増)と実に66四半期ぶりの最高益更新を果たした。エネルギー・情報通信事業でデータセンター向けの高水準な需要が続いたほか、エレクトロニクス事業は採算重視の受注戦略による品種構成の良化や円安の影響で利益が大きく伸びた。業績好調に伴い、23年3月期通期の業績予想を上方修正している。

           ┌─ 四半期 経常利益 ─┐ ┌── 通期 経常利益 ──┐ 予想
コード 銘柄名     上振れ率 4-6月期 過去最高 上振れ率 今期予想 過去最高  PER
<3769> GMO-PG    397  21809   4392    137  31538  13285 37.9 *
<6920> レーザーテク   48.5  16303  10978   25.1  42000  33582 47.9
<2587> サントリBF   43.8  58716  40826    5.9  124000  117052 21.3 *
<6857> アドテスト    38.3  48416  35008   49.6  174000  116343 10.7 *
<9301> 三菱倉      35.3  9586   7084    9.3  25300  23151 11.9
<5334> 特殊陶      33.0  34485  25920   16.9  97800  83642  8.4 *
<7309> シマノ      32.4  52728  39824   14.4  174500  152562 16.9
<4063> 信越化      28.7 262633  204130   21.0  840000  694434 11.0
<4528> 小野薬      26.0  39041  30984   39.0  146000  105025 14.9 *
<1605> INPEX    25.4 348329  277865   63.6 1255000  767038  5.9

<9101> 郵船       23.9 377726  304827    3.7 1040000 1003154  1.7
<6806> ヒロセ電     23.1  14507  11784    4.5  45000  43081 20.9 *
<2175> エスエムエス   21.9  4046   3319   10.0   8499   7726 43.0
<9364> 上組       21.5  10283   8460    3.6  32000  30875 14.0
<6967> 新光電工     21.1  28189  23278   27.9  97000  75820  7.3
<9107> 川崎汽      19.4 267397  223878    6.5  700000  657504  1.0
<2181> パーソルHD   19.2  17244  14462    4.5  51700  49484 21.4
<4684> オービック    18.0  18485  15664    9.0  65600  60174 37.4
<1911> 住友林      16.9  57664  49315   27.0  175000  137751  4.7
<6594> 日電産      14.3  56989  49855   20.4  206000  171145 31.9 *

<5444> 大和工      14.1  23174  20306   52.7  88000  57646  4.5
<4186> 東応化      12.4  8123   7230   43.1  31000  21664 12.5
<7272> ヤマハ発     12.1  69724  62220   10.9  210000  189407  6.7
<4091> 日本酸素HD    6.6  25540  23965    3.2  94500  91611 16.3 *
<4182> 菱ガス化      6.0  24884  23476    3.5  83500  80711  6.7
<8439> 東京センチュ    4.8  31986  30533    9.7  100000  91126 30.1
<4307> 野村総研      3.8  27789  26780    8.0  113000  104671 27.4 *
<5803> フジクラ      1.3  12474  12318   29.0  47000  36441  7.7
<9962> ミスミG      1.2  14603  14436    9.7  57600  52500 22.3
<2801> キッコマン     0.7  16979  16860    3.6  56200  54231 39.1 *

※2021年4月以降に上場した企業と今期見通しを開示していない企業は除いた。四半期の過去最高益は原則、四半期決算の開示が本格化した03年4-6月期以降の業績に基づいたものです。
※過去最高益は同一会計基準内が対象。「*」は国際会計基準を採用する銘柄。

株探ニュース


日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク