市場ニュース

戻る

【特集】【今週読まれた記事】いま王道の“2部・JQ”! 市場1部は潮目変わるか

 株探でその週によく読まれた記事を紹介する【今週読まれた記事】のコーナー、今週は7月17日から21日までの株探へのアクセス状況を元に人気の記事をご紹介します。

 いよいよ東京オリンピックが開催されます。新型コロナウイルスの感染が再拡大するなか、政府と組織委は難しい対応を強いられてきました。それによる不透明感は市場を混乱させ、一時は「一番の好材料は五輪の中止」とまで言われるほど。しかし、ついに開催となれば“アク抜け”となり、出遅れが顕著な日本株にも投資資金が流入するきっかけになるかもしれません。

 人気相場コラム「【杉村富生の短期相場観測】 ─引き続き、個別物色の展開!狙う銘柄は?」の杉村氏は「運用資産995兆円を誇るブラックロック<BLK>が日本株の投資判断を引き上げた」と、海外勢が日本株の見直しを始めていることを指摘しています。この記事はアクセスランキング2位に輝きました。

 一方、最高値圏を走る米国株も順風満帆ではありません。19日のNYダウは新型コロナウイルスの変異株“デルタ株”への警戒を背景に前週末比725ドル安の急落。この日、株探では「新型コロナ『デルタ株』の影響どこまで、NYダウ急落と東京市場の行方 <株探トップ特集>」を緊急配信し、現状と展望を詳しくリポートしました。“出遅れ”を解消する前にリード役の米国株が失速しては元も子もなく、注意は怠れません。

 そのほか、連休明けからは決算発表が集中するため「決算を手掛かりとした日替わり的な物色が中心となろう」と予想し、注目5銘柄を挙げた「【村瀬智一が斬る!深層マーケット】 ─決算手掛かりに日替わり的な物色が中心となるか」など、相場コラムは今週も多くの方に読まれています。どの記事もお見逃しなく。

  【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─アフター・コロナ関連を攻める!
  富田隆弥の【CHART CLUB】 「不透明要因が山積の中、バカンスに向かう市場」
  植草一秀の「金融変動水先案内」 -波乱含みの五輪と日本-

  大谷正之氏【夏空相場の本番到来はいつか、日経平均株価の反騰要因を探る】 <相場観特集>


 今週のアクセスランキング首位を獲得したのは、日経平均・東証1部が先物主導の売り仕掛けによって弱気モードとなるなか、「東証2部やジャスダック市場は買い気満々、新型コロナウイルス感染拡大による経済活動の停滞を嫌気しているようにはとても見えない」と指摘し、両市場から株価の居どころを大きく変える期待度の高い中小型株6銘柄を“厳選セレクト”した「いま王道は『東証2部&JQ』、上げ潮に乗る中小型スペシャル6銘柄 <株探トップ特集>」となりました。

 投資テーマ関連では、先週トップ10入りの人気となった「『キオクシア』上場秒読み開始、“日の丸半導体大復権”で買われる株 <株探トップ特集>」が引き続き多くのアクセスを集め11位にランクインしたほか、以下の記事がよく読まれています。

  マスク社会に必須、ディープフェイク阻止の「静脈・虹彩認証」関連株10選 <株探トップ特集>
  「グローバルニッチ」が10位、“ポスト・レーザーテック候補”をロックオン<注目テーマ>


 業績スクリーニング記事は、4-6月期の決算発表シーズンを前に好決算が期待される“中小型株”にスポットを当てた「高成長【始動】候補リスト <成長株特集>」が注目を集め、先週配信した〔第1弾〕、今週配信の〔第2弾〕の両記事がトップ10入りとなりました。

  高成長【始動】候補リスト〔第1弾〕 24社選出 <成長株特集>
  高成長【始動】候補リスト〔第2弾〕 28社選出 <成長株特集>

 <割安株特集>からは「10万円以下で買える、今期最高益&低PER 23社 【東証1部】編 <割安株特集>」がトップ10入り。【2部・新興編】と高利回り銘柄の特集も上位ランキング入りとなっています。

  10万円以下で買える、今期最高益&低PER 14社 【2部・新興】編 <割安株特集>
  【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (7月16日現在)


 株探が実施した「株探-個人投資家大調査」の分析リポート「強い投資家はどんな人~日本株投資家3900人調査で解明!」が続々公開されています。第26回は株探プレミアム限定記事「強い投資家はどんな人」のケーススタディ編「所持金0円のドン底から億り人に這い上がったサバイバル投資術」を2回に分けて配信。一時はホームレスという状況から1億円もの資産を築いた兼業投資家の“misora(ハンドルネーム)”さん。「10日間で口にしたのは水道の水だけ」など、強烈なエピソードが満載の第26-1回ではmisoraさんの独特な投資手法とあわせリベンジ劇の詳細を解説。後編の第26-2回「億り人の原点は、どん底になっても捨てなかった『意地と信念』」では、misoraさんが重要視する投資セオリー、そして大逆転のきっかけとなった“あるエピソード”を紹介します。プレミアム非会員の方も1ページ目が無料でご覧になれますのでぜひご覧ください。

  第26-1回 所持金0円のドン底から億り人に這い上がったサバイバル投資術
  第26-2回 億り人の原点は、どん底になっても捨てなかった「意地と信念」

 株探プレミアムは、株価のリアルタイム化や通期業績の25期表示、「成長性」表示など、魅力的な機能が満載。最大22年間に及ぶチャートの長期表示やヒストリカルPERの表示など、新機能も続々搭載予定です。詳細はリニューアルして見やすくなった「株探プレミアムのご紹介」ページをご覧ください。皆様のご加入をお待ちしております。

 日々、数多くの発表が行われるなかで注目の材料を見つけ出すのは骨が折れるもの。それらを一気にチェックするための定番記事が【明日の好悪材料】と【サプライズ決算】です。先週末から今週にかけて配信した記事は以下の通りです。

  【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (7月16日発表分)
  【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (7月19日発表分)
  【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (7月20日発表分)

  ★本日の【サプライズ決算】速報 (07月16日)
  ★本日の【サプライズ決算】速報 (07月19日)
  ★本日の【サプライズ決算】速報 (07月20日)

株探ニュース

日経平均