市場ニュース

戻る

【市況】伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 7月25日版

日経平均株価は一気に3万円を目指す動きになるかが焦点
1.NYダウは週明け後、上昇継続か否かの判定の動きへ入る公算
  NYダウは7月23日に3万5095ドルと5月10日の高値3万5091ドルを超えて、現在が5月10日以降の保ち合いを抜けて、新たな上昇の流れへ入っている可能性を示しています。
 ただ、7月19日に一段安となったことで、3万5091ドル前後の値位置での上値の重さを見せたばかりであることから、現時点では保ち合いを継続中の可能性を考えておく必要があります。
 どちらの展開になる場合でも、目先の目標値達成のため、週明け後はいったん上値を抑えられる動きを経過して、上昇の流れができているのかを確認する作業へ入ると考えられます。
 今後の価格が上昇する場合、週明け後の価格が下げても、7月23日の安値3万4855ドルを維持する格好で、すぐに上昇を開始する公算です。
 保ち合いの動きを継続中なら、週明け後は3万5000ドル前後で、日柄をかけて上値の重さを確認する作業になると考えられます。
...
───────── プレミアム会員【専用】コンテンツです ─────────
本コンテンツをご覧になりたい方は、「株探プレミアム」にお申し込みください。
※プレミアム会員の方は、“ログイン”してご利用ください。

日経平均