市場ニュース

戻る

【特集】【今週読まれた記事】乱高下を“買い場”と見る相場観

 株探でその週によく読まれた記事を紹介する【今週読まれた記事】のコーナー、今週は1月6日大発会から10日までの記事に加え、年末年始に配信された特集を交えたアクセスランキングを元に人気の記事をご紹介します。

 大発会から451円安、370円高、370円安、535円高。2020年の幕開けから日経平均株価は乱高下に見舞われました。背景は言うまでもなく米国とイランの緊張による地政学リスクの高まりですが、近年、こうしたニュースに反応するようプログラムされたAIが高速売買を繰り返し、極端な値動きとなることが増えています。今回も同様のケースと指摘されており、“AIに振り回される人類”という構図はもはや見慣れたものとなりつつあります。

 そうしたなか、若干視点を離して週足を見れば終値は昨年末比193円高。米国とイランの緊張状態は予断を許さないものの、全体相場は堅調であったといえるのではないでしょうか。また、個人投資家の主戦場は個別材料株であり、全体相場の動向とは違った流れが存在します。今週見られたような急落局面を“買い場”と捉えて待ち構えられる相場観と、有望株を探し出すリサーチ力が試されているのかもしれません。

 2020年“新春特集”では、相場コラムなどでおなじみの人気筆者や市場関係者に今年の注目株をお聞きした「子年『有望株!』 <新春お年玉企画>」を配信し、軒並みアクセスランキング上位入りの大人気となりました。各氏の注目する材料・イベントやそれに対する見方、更にお薦めポートフォリオ10銘柄と、参考になる情報が満載です。ぜひご覧ください。

  北浜流一郎が斬る!子年「有望株!」 <新春お年玉企画>
  杉村富生が斬る! 子年「有望株!」 <新春お年玉企画>
  雨宮京子が斬る!子年「有望株!」 <新春お年玉企画>
  植木靖男が斬る! 子年「有望株!」 <新春お年玉企画>
  村瀬智一が斬る!子年「有望株!」 <新春お年玉企画>
  木村佳子が斬る!子年「有望株!」 <新春お年玉企画>

 また、人気相場コラムや相場観特集の“特別編”も配信。こちらも多くのアクセスを獲得しました。

  富田隆弥のチャート倶楽部2020スペシャル <新春特別企画>
  武者陵司「令和の大相場始動シリーズ(5) 2020年世界情勢の鍵、4つのパラダイムシフト(前編)」 <新春特別企画>
  武者陵司「令和の大相場始動シリーズ(5) 2020年世界情勢の鍵、4つのパラダイムシフト(後編)」 <新春特別企画>

  鈴木英之氏【新春特別編・ずばり20年相場はこう動く】(1) <相場観特集>
  窪田朋一郎氏【新春特別編・ずばり20年相場はこう動く】(2) <相場観特集>


 2020年“新春特集”と、今週配信されたすべての記事のなかで断トツのトップとなったのは、1月2日に配信された「新年お年玉『中小型材料株』有望テーマで探す大化け候補“特選7銘柄” <新春特別企画>」でした。「新年相場で物色人気の原動力となり得る有力テーマ」を7つ選出し、それぞれに1銘柄ずつ“要注目株”を取り上げました。

 投資テーマ関連では6日に配信した「新春3大テーマ (3) テクノロジー編 『変身株の宝庫“5G”が創り出す次なる世界』 <株探トップ特集>」も多くの方に読まれランキングトップ10入り。また、昨年4月20日配信の記事「まだある『5G関連』急騰穴株スペシャル “新時代”映す5銘柄は <株探トップ特集>」が掘り起こされランクインしています。いよいよ3月から商業サービスが始まる“5G”。注目度も急上昇しています。

 そのほか以下の記事も人気となっています。急騰銘柄を探すにはテーマのチェックは怠れません。どの記事もお見逃しなく。

  動き出す世界、量子コンピューター関連『異次元の株高』復活へ <株探トップ特集>
  活躍本番「直近IPO」銘柄、新春相場の人気アノマリーに乗れ! <株探トップ特集>
  次世代移動サービス「MaaS」、モビリティー最前線を走る銘柄を追え <株探トップ特集>
  世界に誇るコンテンツ、なんてったって騰がる「アイドル」関連株に照準 <株探トップ特集>

  新春3大テーマ (1) イベント編 「東京五輪関連で浮上する有望株を総検証」 <株探トップ特集>
  新春3大テーマ (2) 政治編 「米大統領選の行方と株式市場の勘所を読む」 <株探トップ特集>


 ランキングトップは逃したものの、企業業績のスクリーニング記事がトップ10に3本も入る結果となりました。「直近四半期に過去最高益を更新し、かつ通期見通しも最高益を見込む、いわゆる利益が“青天井”」となっている銘柄を特集した「2020年の利益成長“青天井”ばく進、有力株リスト <新春特別企画>」ほか、業績面で躍進する銘柄にスポットを当て多くの支持を集めました。

  初夢乗せる、上方修正【大予想】 37社選出 <新春特別企画>
  2020年【業績最強株】候補リスト 37社選出 <新春特別企画>
  新年相場を彩る、20年2月期【上方修正】候補リスト <成長株特集>

 配当利回りに着目した記事も多くの方に読まれています。週後半の9日に配信された「配当利回り“3%超”の【最高益】リスト〔第1弾〕27社選出 <成長株特集>」は、新春特集がひしめくなか上位に食い込む人気となりました。そのほか「高配当利回り銘柄リスト」など、定番人気の<割安株特集>もよく読まれています。

  新年【高配当利回り】狙える銘柄リスト <新春特別企画>
  1月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集>
  【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 1月8日版

  新年、10万円で買える好業績・低PBR・高利回り「お宝候補」【東証1部】編 <新春特別企画>
  新年、10万円で買える好業績・低PBR・高利回り「お宝候補」【2部・新興】編 <新春特別企画>


 「ゼロから始める『株探』の歩き方」が大好評の横山利香氏による「横山利香『有望成長株』発掘のために知っておきたい3つの法則 <新春特別企画>」がランキング上位入りしています。“スター級”の有望成長株はどうやって発掘するのか? という問に対し明快に回答。株価が上昇するということは現在の業績が評価されているのではなく、「さらなる成長を今後見込むことができるのかを評価している」といった基本的な事柄が丁寧に解説されており、初心者必見の内容となっています。


 年末年始の特集では、為替やビットコインといった株式以外の市場についての展望や、昨年1年間のランキングなども配信しました。なかには「中国4000年の実学『気学』で読む2020年相場 <新春特別企画>」といった変わり種も。2019年【値上がり率】【値下がり率】ランキングは多くの方に読まれランキング上位入りとなりました。

  2019年【値上がり率】年間ランキング ベスト50 <年末特別企画>
  2019年【値下がり率】年間ランキング ベスト50 <年末特別企画>
  2019年【投資テーマ】年間ランキング <年末特別企画>
  2019年のIPO(新規公開株)【初値上昇率】ベスト50! <年末特別企画>
  2019年【自社株買い】インパクトベスト50! <年末特別企画>

  山岡和雅が“3つのキーワード”で読む2020年為替相場 <新春特別企画>
  【仮想通貨2020】再びのビットコインバブルはあるのか? <新春特別企画>
  伊藤智洋が読む「2020年マーケット・シナリオ」 <新春特別企画>


 株探プレミアム専用コラムは、新春特集としてプレミアム専用スペシャルリポート「すご腕さんも納得、プロが伝授するIPO投資の勝ち技」「すご腕さんも唸る、IPOから1年限定の決算プレー」を配信。昨年末から続く“IPO投資のツボ”シリーズの第3回、最終回となります。一般的にIPO投資といえば「公募に当選するかしないか」という、運要素が非常に強いものと認識されています。しかし今回のコラムでは、公開後の“セカンダリー投資”で利益を狙える投資手法を紹介。IPO投資のスペシャリストである“すご腕投資家”JACKさんも唸る手法とはどのようなものでしょうか。プレミアム非会員の方も1ページ目が無料でご覧になれますので、まだの方はぜひご覧ください。

  「すご腕さんも納得、プロが伝授するIPO株の獲得&デイトレ術」 IPO投資のツボ <第3回>
  「すご腕さんも唸る、IPOから1年限定の決算プレー」 IPO投資のツボ <最終回>

 更に、智剣・OskarグループCEO兼主席ストラテジストの大川智宏氏による「日本株・数字で徹底診断!」の第32回「米・イラン緊張高まる、備えで注目は2つの感応度」を配信。軍事的な緊張状態の下ではどのような投資戦略が有効であるのか、湾岸戦争時のデータを駆使して分析しています。非常にタイムリーな記事でもあり、多くのアクセスを獲得してランキング入りしました。

 “株探プレミアム”は専用コラムのほかにも、最大25期の通期業績、銘柄分析に役立つ“成長性”“収益性”タブ、最大22期のキャッシュフロー、業績予想の修正履歴など、多くのコンテンツがご利用いただけます。どれも銘柄選択に役立つ便利な機能ばかりです。ご加入をお待ちしております。


 引け後の材料をまとめてチェックできる株探の定番人気記事「【明日の好悪材料】」と「本日の【サプライズ決算】」は、新春特集を加えた約2週間分のランキングの中でも上位をキープしています。今週配信された記事は以下の通りです。

  【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (1月6日発表分)
  【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (1月7日発表分)
  【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (1月8日発表分)
  【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (1月9日発表分)

  ★本日の【サプライズ決算】速報 (01月06日)
  ★本日の【サプライズ決算】速報 (01月07日)
  ★本日の【サプライズ決算】速報 (01月08日)
  ★本日の【サプライズ決算】速報 (01月09日)

 その日の相場を振り返り、翌日の投資戦略を指南する「明日の株式相場戦略」。今週は大発会の451円安を受けて「経験則からすれば株式市場は地政学リスクで壊れることは滅多にない」「新年相場の離陸直後に遭遇したエアポケットを買い場提供場面とみるべき」と指摘した「明日の株式相場戦略=『大発会デジャブ』も5Gなど個別株勝負の地合い」が特に多くの方に読まれました。

  明日の株式相場戦略=「大発会デジャブ」も5Gなど個別株勝負の地合い
  明日の株式相場戦略=デジタル新時代を意識した銘柄物色
  明日の株式相場戦略=アルゴ売買で企業のダイナミズムは失われない
  明日の株式相場戦略=波乱も一巡、強い個別株につく相場再来
  来週の株式相場戦略=2万4000円台乗せに再挑戦、「グレートローテーション」の上昇に期待


 なお、「新春特集」の記事一覧は「2020年『新春特集』のご案内 ─“26本”配信 ─」でご覧いただけます。



株探ニュース

日経平均