2924 イフジ産業 東証1 15:00
779円
前日比
-11 (-1.39%)
比較される銘柄: ヒガシマルマルサンアイ石井食
業績: 今期予想
食料品
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
13.2 1.23 2.18 7.83

銘柄ニュース

戻る
2017年03月07日12時53分

4月TOPIXのFFWと調整係数見直し予想、JR九州に資金流入も 大和証券

 大和証券は6日、本決算期末が7~9月期企業のTOPIX浮動株比率(FFW)と調整係数適用銘柄の見直し予想を発表した。新たなFFWは4月7日に公表され、同月28日に実施される見込み。このため同月27日にリバランスに伴う売買インパクトが予想されている。調整係数も同じタイミングとなる。

 調整係数では時価総額に比べ流動性が低い銘柄には、通常のFFWに調整係数(0.75)を乗じたFFWが適用されている。今回の見直しでは九州旅客鉄道<9142>の調整係数が解除されると予想され、株価にはプラスインパクトが見込まれている。

 同証券によると、FFWと調整係数の見直しで現行の比率とのウエイト差が大きくプラスが期待できるのはファーストリテイリング<9983>、JR九州、ホシザキ<6465>、名古屋鉄道<9048>、山口フィナンシャルグループ<8418>など。一日平均売買高などを考慮し、売買インパクトが大きい銘柄はメディアスホールディングス<3154>、いであ<9768>、キューブシステム<2335>、イフジ産業<2924>、ソルクシーズ<4284>などを挙げている。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

日経平均