市場ニュース

戻る
2017年03月05日19時30分

【特集】利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第1弾 34社選出 <成長株特集>

日本ペHD <日足> 「株探」多機能チャートより
 本特集では、先月の決算集中期間に3回にわたって配信した「利益成長“青天井”銘柄リスト」の総集編をお届けします。直近3ヵ月の16年10-12月期は円安の後押しもあり業績が好調な銘柄が多く、利益成長“青天井”に該当する銘柄は211社に上った。今回は総集編の第1弾として、時価総額が1000億円以上の東証1部上場銘柄を対象に、10-12月期に過去最高益を更新し、かつ通期計画も最高益を見込む“青天井”銘柄をリストアップしてみた。

 本決算月にかかわらず、10-12月期に経常利益が全四半期ベースで過去最高益を10%以上、上振れて更新した銘柄をピックアップ。さらに、会社側が今期(通期計画)も過去最高益見通しを示している34社を選び出し、10-12月期の過去最高益の上振れ率が大きい順に記した。

 上振れ率トップの日本新薬 <4516> は骨髄異形成症候群治療剤や原薬などの販売好調に加え、ロイヤリティ収入の増加で、10-12月期(第3四半期)の経常利益は四半期ベースの過去最高益を2.6倍も上回って着地。4-12月期の同利益は通期計画をすでに41.3%も上回っており、業績上振れは確実とみられる。2位の日本ペイントホールディングス <4612> は中国で建築用塗料の販売が好調だったほか、原価低減や為替差益の発生も利益拡大に貢献した。

 選出リストでは、昨年11月以降、急速に進んだ円安が追い風となった企業が多く入った。3位のニプロ <8086> は医薬品事業の好調に加え、為替差益の発生が利益を押し上げた。5位の東プレ <5975> は自動車用プレス部品や冷凍車、7位の大日本住友製薬 <4506> は北米向け抗精神病薬の販売が伸びたうえ、両社ともに円安が大きなプラス効果をもたらした。

 業種別にみると、日本ペイントHDをはじめ、化学メーカーのリスト入りが目立つ。4位の東ソー <4042> はウレタン原料や塩化ビニール樹脂の市況上昇でマージンが拡大、これに円安効果が加わり、採算が大きく改善した。14位の扶桑化学工業 <4368> はリンゴ酸などの果実酸類や半導体材料の販売が好調だった。また、15位の三洋化成工業 <4471> と23位のADEKA <4401> は円安で増益幅が拡大した。24位の三菱ケミカルホールディングス <4188> はアクリル樹脂原料「MMA」の市況上昇やヘルスケアの収益拡大などで大幅増益を達成した。

 このほか、内需関連では8位に入ったスタートトゥデイ <3092> の高成長が際立つ。10-12月期は主力の通販サイト「ZOZOTOWN」の取扱高拡大に加え、利益率の高い古着買取・販売事業の伸長が収益を押し上げた。9位のマルハニチロ <1333> は家庭用冷凍食品の販売好調などで24四半期ぶりの大復活を遂げている。

            ┌─ 四半期 経常利益 ─┐ ┌── 通期 経常利益 ──┐
コード 銘柄名    上振れ率 10-12月 過去最高 上振れ率 今期予想 過去最高
<4516> 日本新薬      157  12661   4932   48.6  13300   8952
<4612> 日本ペHD    90.8  41532  21762   12.6  84000  74606
<8086> ニプロ      72.6  17041   9872    1.7  20000  19661
<4042> 東ソー      68.6  38855  23040   59.5  105000  65814
<5975> 東プレ      63.4  7619   4663    8.6  18000  16576
<8850> スターツ     57.2  7408   4712   13.1  20000  17687
<4506> 大日本住友    53.5  25983  16925    6.5  46000  43181
<3092> スタートトゥ   47.1  8803   5985   23.9  22150  17883
<1333> マルハニチロ   44.6  12551   8679   57.7  27000  17124
<1719> 安藤ハザマ    42.6  13446   9430   45.9  34000  23301

<4507> 塩野義      42.2  48823  34327    4.6  105500  100869
<9086> 日立物流     39.2  11825   8493    9.6  29500  26910 *
<4528> 小野薬      37.4  25066  18245   13.8  70500  61955 *
<4368> 扶桑化学     32.3  3129   2365   30.2   9500   7299
<4471> 三洋化      31.4  5005   3810    9.1  14500  13294
<2413> エムスリー    31.0  7812   5965   15.3  23000  19950 *
<2281> プリマ      30.6  5854   4481   61.3  15000   9298
<2815> アリアケ     26.8  3514   2771    9.0   9895   9081
<6728> アルバック    26.1  8492   6732   41.5  26000  18373
<1824> 前田建      24.4  10174   8176    0.9  23200  22991

<1332> 日水       23.9  11484   9271   9.9   23500  21392
<2871> ニチレイ     23.7  10331   8350   34.1   28700  21394
<4401> ADEKA    21.7  7078   5815   2.2   20000  19569
<7943> ニチハ      20.3  4513   3753   38.4   13000   9395
<4188> 三菱ケミHD   19.2  93574  78483   1.7  257000  252800 *
<4927> ポーラHD    18.8  9741   8198   14.0   31000  27191
<8133> エネクス     18.3  5820   4918   13.3   17000  15004 *
<3397> トリドール    18.0  3072   2604   5.7   8580   8117 *
<2269> 明治HD     16.3  31231  26855   3.0   84300  81826
<6028> テクノプロH   15.8  2618   2260   13.6   9000   7920 *

<1802> 大林組      15.7  42403  36655   6.1  118000  111208
<5393> ニチアス     15.1  5962   5182   8.5   16800  15480
<6594> 日電産      11.5  41478  37190   19.5  140000  117164 *
<4922> コーセー     10.3  13517  12259   5.0   36300  34566

※ 「*」:国際会計基準(IFRS)を採用する銘柄。最高益はIFRS採用以前の日本会計基準を含めたものとなります。
※ 2015年4月以降に上場した企業と今期見通しを開示していない企業は除いた。四半期の過去最高益は原則、四半期決算の開示が本格化した2003年4-6月期以降の業績に基づいたものです。

株探ニュース

日経平均