2538 Jフードリカ 東証2 15:00
36円
前日比
-1 (-2.70%)
比較される銘柄: オエノンHD宝HLDマルサンアイ
業績: 今期予想
食料品
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
43.9 0.81 2.18

銘柄ニュース

戻る
2015年12月04日20時14分

★本日の【イチオシ決算】 ユークス、HIS、Rフィールド (12月4日)


1)本日(12月4日)引け後に発表された決算・業績修正

 ● イチオシ決算

【ユークス <4334> [JQ]】 ★今期経常を56%上方修正
 ◆16年1月期の連結経常利益を従来予想の6.6億円→10.4億円に55.7%上方修正。増益率が17.6%増→83.1%増に拡大する見通しとなった。ゲームソフトやパチンコ関連の受託開発案件が伸び、売上が計画を上回ることが寄与。原価低減や円安による採算改善も利益を大きく押し上げる。

 ● サプライズな決算発表・業績修正

 Rフィールド <2910>   ★上期経常は45%増益で上振れ着地
 ◆16年4月期上期(5-10月)の連結経常利益は前年同期比44.7%増の9億円に拡大し、従来予想の6.3億円を上回って着地。高価格・高付加価値品の拡充や買い合わせ施策の推進などが奏功し、売上が想定より伸びたことが寄与。販管費の抑制や店舗運営の効率化による採算改善も上振れに貢献した。

 山岡家 <3399> [JQ]  ★2-10月期経常は2.3倍増益、今期配当を7.33円増額
 ◆16年1月期第3四半期累計(2-10月)の経常利益(非連結)は前年同期比2.3倍の3.7億円に急拡大して着地。リピーターの取り込みが奏功し、既存店売上が前年比7.3%増と好調だったことが寄与。食材ロスの削減や店舗管理コストの効率化なども大幅増益に貢献した。
  最繁忙期となる11-1月期(第4四半期)を前に、通期計画の4.9億円に対する進捗率は75.5%に達しており、通期上振れが期待される。
  同時に、期末一括配当を従来計画の6.67円→14円に増額修正した。業績好調による普通配当3.33円に加え、ジャスダック上場10周年記念配当4円を上積みする。

 HIS <9603>   ★今期経常は12%増で6期連続最高益、4円増配へ
 ◆15年10月期の連結経常利益は前の期比19.3%増の226億円に伸びて着地。続く16年10月期も前期比12.0%増の254億円に伸び、6期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。今期は東南アジア・中国を中心とした訪日外国人客の増加や国内旅行の販売好調で、旅行事業の収益拡大を見込む。
  業績好調に伴い、今期の年間配当は前期比4円増の26円に増配する方針とした。

2)12月7日の決算発表銘柄(予定) ★は注目決算
 ■引け後発表(予定)
  ◆本決算:
    <2301> 学情
    <2538> JFLA [東2]
    <7856> 萩原工業
  ◆第2四半期決算:
    <3180> Bガレージ [東M]
  ◆第3四半期決算:
    <2163> アルトナー [JQ]
    <6757> OSGコーポ [JQ]
    <7956> ピジョン       ★
    <8142> トーホー
  合計8社


 ※「株探」では、株価、PER、利回りなどを併記した【決算発表・業績修正】銘柄一覧をご覧いただけます。

株探ニュース

日経平均