市場ニュース

戻る

【特集】【今週読まれた記事】相場を見極める“眼”

 株探でその週によく読まれた記事を紹介する【今週読まれた記事】のコーナー、今週は1月9日から15日までの株探へのアクセス状況を元に人気の記事をご紹介します。

 今週の日経平均株価は続伸。バイデン次期米大統領による巨額の追加経済対策への期待が高まり、前週比380円高の2万8519円となりました。バイデン政権の政策と経済への影響について、株探では「迫る米バイデン新政権発足、『ブルーウェーブ』相場の行方を探る <株探トップ特集>」を配信。多くのアクセスを獲得しランキング上位入りとなりました。

 人気相場コラム「【杉村富生の短期相場観測】 ─ なぜ、日経平均株価、NYダウが7割強も急騰したのか」の杉村氏は、緊急事態宣言が再発令され、新型コロナウイルスに対する危機感が高まるなかでの高値追いについて「マーケットには『災害に売りなし』とか、『砲撃が始まったら買え』などの格言がある。最近は『ロックダウンは買い』、さらには『緊急事態宣言の発令は買い』という」と述べ、「2020年に世界の株式市場の時価総額は15兆ドル(約1550兆円)増えた。まさに、政策対応の効果である。株式市場は1年先を見据えて動いている」と解説。この記事は今週のアクセスランキング首位に輝きました。

 ただ、上昇トレンドのさなかにあっても調整は挟むもの。「昨年は1月17日に一旦頭打ちして月末までスピード調整し、そして2月に改めて上値を目指した」と、昨年の値動きとの類似性を指摘し、一旦の調整を予想するのは「富田隆弥の【CHART CLUB】 『昨年と似た新春相場』」の富田氏。「やや出来すぎの感もあり、ここからは調整を待って動く姿勢も持ち合わせたい」と提案しています。相場コラムは今週もすべてランキング上位入りとなっています。相場を見極める“眼”を養うには、様々な角度からの分析と広い視野が必要です。各氏の視点を参考になさってください。

  【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 東京市場は懐疑を裏切って上昇する!
  【植木靖男の相場展望】 ─ 地合いの好転こそ最大の好材料
  植草一秀の「金融変動水先案内」 ―辛丑2021年の金融市場―

  桂畑誠治氏【視界不良でも突き進む! 日経平均の上値を読む】 <相場観特集>


 今週は3連休を挟んだこともあり、年末年始に配信した人気筆者による特別コラムも多くのアクセスを獲得し、2週連続上位ランキング入りとなりました。まだお読みでない方はぜひ。

  北浜流一郎が斬る!丑年「有望株!」 <新春お年玉企画>
  杉村富生が斬る!丑年「有望株!」 <新春お年玉企画>
  雨宮京子が斬る!丑年「有望株!」 <新春お年玉企画>
  植木靖男が斬る!丑年「有望株!」 <新春お年玉企画>
  村瀬智一が斬る!丑年「有望株!」 <新春お年玉企画>


 本サイト『株探』の活用法を解説した初めての書籍が刊行されました。告知記事がランクインしましたので当欄でも紹介させていただきます。

  『10倍株&バリュー株が見つかる! 億り人がやっている会社四季報&株探のスゴい使い方』 <書籍紹介>

 業績データや企業の開示情報など豊富な情報量と、決算速報などの速報性で多くの投資家に活用されている『株探』。本書は株探の基本的な使用法を紹介するだけにとどまらず、凄腕投資家による独自の“株探活用マル秘テクニック”が収録されており、投資初心者から上級者まで読み応えのある内容になっています。詳しくはぜひ上記告知記事をご覧ください。


 スクリーニング記事では、直近四半期に前年同期比で「10%増収・20%経常増益」を連続で達成した銘柄を“高成長「始動」候補”として選出した「高成長【始動】候補リスト〔第1弾〕 21社選出 <成長株特集>」がランキング6位、週半ばの14日に配信した〔第2弾〕も即座に上位ランキング入りの人気となりました。更に先週配信の「上方修正“先回り”、20年12月期【業績上振れ】候補 31社選出 <成長株特集>」がランキング7位を獲得と、グロース株への熱い視線を感じる結果となりました。

  高成長【始動】候補リスト〔第1弾〕 21社選出 <成長株特集>
  高成長【始動】候補リスト〔第2弾〕 19社選出 <成長株特集>

 少額から投資可能な<割安株特集>では、今から買って今月末の配当基準日に間に合う高配当リスト「1月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集>」が上位入りとなりました。そのほか定番人気の「10万円以下で買える」シリーズもランクインしています。

  10万円以下で買える、高利回り&低PER 24社【東証1部】編 <割安株特集>
  10万円以下で買える、高利回り&低PER 19社【2部・新興】編 <割安株特集>

  【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 1月13日版


 投資テーマ関連では、プラントなど産業設備の保安維持に「ドローン」の利活用が進んでいる状況と関連銘柄を紹介した「ドローン関連相場始まる、『スマート保安』などで産業利用加速へ <株探トップ特集>」がトップ10入り。そのほか以下の記事がよく読まれています。銘柄選択の参考にご覧ください。

  「パワー半導体」が16位、EV向け需要増加に期待大<注目テーマ>
  筆記試験も面接も自宅、「オンライン試験」普及で活躍必至の有望株特選 <株探トップ特集>
  コロナ禍の成長ロード、在宅消費拡大で「物流関連株」が本領発揮へ <株探トップ特集>


 「株探プレミアム」で配信している“株探プレミアム専用コラム”。今週は2記事を配信しました。1記事目は智剣・OskarグループCEO兼主席ストラテジストの大川智宏氏による「日本株・数字で徹底診断!」の第56回「グロース・トラップに引っかかるな! 割高でも強い『真の成長株』を探る」。割高銘柄の中に紛れ込むパフォーマンスの悪い銘柄を「グロース・トラップ」と考え、真の成長銘柄を判別しようというのが今回のアイデア。更にそこから“安定成長性スコア”で選別をかけ、より堅実に成長しつづける銘柄を割り出します。その具体的な銘柄リストは今回も3ページ目に掲載されています。

 2記事目は待望の「すご腕投資家に聞く『銘柄選び』の技 順張りのリバモさん。の場合」第3回、「『5秒で決断』『早すぎる利確 & 逃げ遅れを防止』の技を磨くPDCA」を配信。今回は、流行を先読みしモメンタムの波にうまく乗っていくことで億トレに駆け上がった“順張りのリバモ。さん”が普段から取り組んでいるルーティンに注目。瞬間的な判断を鍛えるための黄金サイクルを、最近話題になった銘柄も交え実践形式で伝授します。サイクルを回す中で考え出された「値動きの荒い急騰銘柄でも上手に利食いしていくコツ」など、“リバモ・メソッド”の集大成を学べる記事です。プレミアム非会員の方でも1ページ目が無料でご覧いただけます。

  株探プレミアムでは、13日から3夜連続で「新春スペシャルオンラインセミナー」を配信しました。“株探プレミアム”専用記事で大人気の和島英樹氏、大川智宏氏、伊藤智洋氏を迎えて、21年のマーケットを語る特別企画です。株探プレミアム会員限定で「見逃し配信」も行っておりますので、まだ未登録の方は初回登録時のみ30日間の“無料体験”をぜひ利用してご覧ください。


 引け後に発表される多くの開示情報。翌日の株価に影響を与えるためチェックが欠かせませんが、すべて確認するのは大変な労力です。【明日の好悪材料】は引け後の材料をまとめて一覧できる株探の看板記事。【サプライズ決算】と併せて活用すれば大きな時短となります。【明日の好悪材料】を題材にした株探プレミアム専用コラム「和島英樹の『明日の好悪材料Next』~第33回 上方修正や前年同期から倍増などの好業績材料も」も大好評連載中です。


  【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (1月8日発表分)
  【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (1月12日発表分)
  【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (1月13日発表分)
  【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (1月14日発表分)

  ★本日の【サプライズ決算】速報 (01月08日)
  ★本日の【サプライズ決算】速報 (01月12日)
  ★本日の【サプライズ決算】速報 (01月13日)
  ★本日の【サプライズ決算】速報 (01月14日)

株探ニュース

日経平均