市場ニュース

戻る

【特集】「パワー半導体」が16位、EV向け需要増加に期待大<注目テーマ>

富士電機 <日足> 「株探」多機能チャートより
★人気テーマ・ベスト10
1 半導体
2 再生可能エネルギー
3 半導体製造装置
4 水素
5 全固体電池
6 電気自動車関連
7 デジタルトランスフォーメーション
8 ドローン
9 2020年のIPO
10 洋上風力発電

 みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「パワー半導体」が16位となっている。

 テレワークをはじめとするオンライン化や、5G(第5世代移動通信システム)普及に向けた通信設備投資の加速を背景に、世界的に半導体市場が活況を呈している。直近では、自動車メーカー各社が半導体不足により減産を余儀なくされていることが報じられており、半導体関連株への旺盛な物色意欲が一層強まっている。

 こうした状況のなか、電気自動車(EV)の普及加速で更なる需要増加が期待されている「パワー半導体」に注目が集まっている。パワー半導体は、電気エネルギーの変換や制御に使われる半導体のことで、高電圧や大きな電流を扱うことができる。主な関連銘柄としては、富士電機<6504>をはじめ、三菱電機<6503>、ローム<6963>、サンケン電気<6707>など。また、パワー半導体基板の生産能力増強を検討していることが伝わったフェローテックホールディングス<6890>にも注目。

 そのほか、新電元工業<6844>や三社電機製作所<6882>、テクノアルファ<3089>、テセック<6337>、タカトリ<6338>などをマークしておきたい。

出所:MINKABU PRESS

日経平均