市場ニュース

戻る

【特集】【今週読まれた記事】決算佳境! 8月相場に台風到来はあるか

 株探でその週によく読まれた記事を紹介する【今週読まれた記事】のコーナー、今週は8月1日から7日までの株探へのアクセス状況を元に人気の記事をご紹介します。

 “方向感のない”という表現につきる相場状況です。先週末の急落も結局のところ6月から続くレンジを一歩も抜けることはなく、ジリジリとした下値切り上げが醸成した先高期待を白紙に戻すだけに終わりました。2020年7月は観測史上初の“台風ゼロ”となったことが話題となりましたが、“夏枯れ相場”で知られる8月の株式市場に台風が到来することはあるのでしょうか。

 3月期決算企業の4-6月期決算発表がピークを迎えています。グロース株への物色機運が「アドバンテスト <6857>の決算によって景色が一変してしまった」と述べるのは「【村瀬智一が読む!深層マーケット】 ─コロナ禍においても光る需要+調整一巡感で銘柄選別!」の村瀬氏。キーとなる1社の決算が地合いそのものを変えることもあります。また、同氏は「業績悪化は想定されているものの、実際に数字として示されると改めて売り直される状況でもある」と、織り込みが十分にされていない状況であることも指摘しています。

 「【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ コロナ逆風ものともせぬ収益好調株に照準!」の北浜氏も同様に「決算発表に対する市場のショッキングな反応ぶり」に言及し、「対応策としては決算跨(また)ぎをしないこと。これが重要であるとともに、急落後の株は逆張り投資の対象としてウォッチングしたい」と述べています。

 各氏が様々な視点から相場解説や推奨銘柄を挙げる人気相場コラムは今週も大人気となり、多くの方に読まれました。<相場観特集>では、株式市場と為替市場の動向について業界第一線で活躍するマーケット関係者に見通しを伺いました。

  【杉村富生の短期相場観測】 ─夏相場は高値波乱の状況下、個別物色の展開に!
  富田隆弥の【CHART CLUB】 「夏休みの8月、下放れに注意」
  【和島英樹のマーケット・フォーキャスト】─8月の軟調場面は押し目買いの好機か、コロナ影響の銘柄選別は継続

  桂畑誠治氏【日経平均久々の急反発、果たして流れは変わるか】(1) <相場観特集>
  佐藤正和氏【日経平均久々の急反発、果たして流れは変わるか】(2) <相場観特集>


 今週は決算関連の記事がランキング上位を席巻する結果となりました。そのなかトップとなったのは「利益成長【青天井】銘柄リスト 〔第1弾〕 16社選出 <成長株特集>」。7月31日までに発表された決算発表から「4-6月期に過去最高益を更新し、かつ今期も最高益を見込む」という“利益青天井”銘柄にスポットを当て、多くのアクセスを獲得しました。〔第2弾〕は3連休最終日の10日19時30分に配信予定。お見逃しなく。

 決算発表の集中期間中、株探では特別体制で記事を配信しています。その日の決算発表から“増収増益”を達成した銘柄をリストアップした「コロナ直撃の4-6月期に【増収増益】達成リスト <成長株特集>」を毎日配信。また、通常17時に配信している【サプライズ決算】を16時に<速報>、18時に<続報>の2本配信し、株探プレミアム会員向けには『サプライズ決算』を“超速報”として、15時10分と15時40分に配信しています。これらの記事も軒並み上位ランキング入りとなりました。

  コロナ直撃の4-6月期に【増収増益】達成リスト <成長株特集> 7月31日版
  コロナ直撃の4-6月期に【増収増益】達成リスト <成長株特集> 8月3日版
  コロナ直撃の4-6月期に【増収増益】達成リスト <成長株特集> 8月4日版
  コロナ直撃の4-6月期に【増収増益】達成リスト <成長株特集> 8月5日版
  コロナ直撃の4-6月期に【増収増益】達成リスト <成長株特集> 8月6日版

  ★本日の【サプライズ決算】続報 (07月31日)
  ★本日の【サプライズ決算】続報 (08月03日)
  ★本日の【サプライズ決算】続報 (08月04日)
  ★本日の【サプライズ決算】続報 (08月05日)
  ★本日の【サプライズ決算】続報 (08月06日)

 引け後に発表される開示情報や決算、ニュースリリースなどの膨大な情報をまとめてチェックできる株探の看板記事「明日の好悪材料」は今週もすべての記事がトップ10入り。7日の金曜日には600を超える決算発表がありましたが、これらの記事を活用すれば短時間で注目の決算を網羅できます。【明日の好悪材料】を題材にした株探プレミアム専用コラム「和島英樹の『明日の好悪材料Next』~第10回 1Q決算の前半戦、明はクラウド・ゲーム・半導体、では暗は?」も大好評連載中です。

  【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (7月31日発表分)
  【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (8月3日発表分)
  【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (8月4日発表分)
  【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (8月5日発表分)
  【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (8月6日発表分)


 投資テーマ関連では、デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進に向け加速している“IT人材”の獲得・育成の波に乗る5銘柄を厳選した「全体波乱で拾い場到来!『IT人材関連株』大相場のプロローグ <株探トップ特集>」がトップ10入り。そのほか以下の記事が上位ランキング入りとなりました。全体相場は方向感に欠ける展開ですが、個別材料株物色の動きは活発です。銘柄選択の参考になさってください。

  目撃せよ成長の軌跡、「ライブ配信」産業はブレイク中 <株探トップ特集>
  「クリーンエネルギー革命」の大奔流、再生可能エネ銘柄が蘇る日 <株探トップ特集>
  ニューノーマルで熱く燃える「eスポーツ」の夏、関連株を徹底追跡 <株探トップ特集>
  コロナと「事業承継」関連株、危機が早める譲渡の時 <株探トップ特集>


 <割安株特集>では「8月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集>」が上位ランキング入り。以下の記事も多くの方に読まれました。

  【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 8月5日版
  10万円以下で買える、高利回り・低PER・低PBR 28社【東証1部】編 <割安株特集>
  10万円以下で買える、高利回り・低PER・低PBR 25社【2部・新興】編 <割安株特集>


 株探プレミアム専用コラムは、今週は2本を配信。ファイナンシャルプランナーの清水香氏による「それって常識? 人生100年マネーの作り方」第10回となる「1億円近い賠償責任も、ウィズコロナで増える自転車の安全対策は万全?」は、近年話題となっている“自転車事故”のリスクを徹底解説。高額な賠償命令が下った事例を挙げ、自転車保険の必要性を説きます。また、各社の自転車保険を表形式で比較。自転車に乗られる方は本コラムで知識を身に付け、必ず自転車保険にご加入ください。

 2本目は株探プレミアム・リポート「楽天証券・土信田雅之さんに聞く『コロナ相場後の投資戦略』」の第2回「レバを掛けるなら、短期勝負の順張り戦略がテッパンなわけ」。一歩間違えばあっという間に損失が拡大していくリスクもありますが、手元資金以上のポジションを持って大きく儲けることも可能な「レバ投資」。そのリスクを極力減らす方法を具体的に提示し、更にトレンド転換の見極め方も丁寧に解説しています。プレミアム非会員の方も1ページ目が無料でご覧いただけますので、ぜひチェックお願いいたします。

 また、株探プレミアムは初回登録時のみ30日間の“無料体験”ができますので、まだの方はこの機会にお試しください。この欄には書ききれない株探プレミアムの魅力的な機能は、リニューアルして見やすくなった「株探プレミアムのご紹介」ページをご確認ください。


 その日一日の株式市場を総括し翌日の戦略を指南する「明日の株式相場戦略」。今週は、決算内容が市場コンセンサスに届くか否かで容赦なく急騰・急落する「人間の思惑とは逆に行くファンダメンタル度外視の投資家泣かせの大立ち回り」の相場状況を報じた4日の「明日の株式相場戦略=決算発表が生み落とす怒涛のトレンド」が上位ランキング入りしました。

  明日の株式相場戦略=新型コロナが変えたマネーの潮流
  明日の株式相場戦略=決算発表が生み落とす怒涛のトレンド
  明日の株式相場戦略=トヨタ決算は気迷いムードを払拭するか
  明日の株式相場戦略=700社強が決算発表、米国情勢に関心向かうか
  来週の株式相場戦略=決算発表ピーク越え、半導体株の動向がカギ

株探ニュース

日経平均