市場ニュース

戻る
2018年07月07日06時30分

【特集】【今週読まれた記事】 制裁関税発動、米中貿易戦争の“焦点”を探る!

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより
 株探でその週によく読まれた記事を紹介する【今週読まれた記事】のコーナー、今週は6月30日から7月6日までの株探へのアクセス状況を元に人気の記事をご紹介します。

 今、なにが起こっているのか―― 7月2日に一時500円超の下げ幅を記録し、大崩れとなった日経平均株価。「明らかに日経平均の下げは、『異質の波乱』といってもよい」として、株探では2日の引け後に「【緊急特集】 日経平均“不可解な500円安”、後場大崩れの背後にあるものは?」を配信し、波乱の原因を追いました。2日以降も神経質な展開となった今週ですが、原因と背景について正しく理解することで投資家としての立ち振る舞いも変わってくるのではないでしょうか。この記事は多くのアクセスを獲得し、今週のランキングトップに立ちました。

 「『日本特有の理由による持ち株処分の動き』が下げを加速した要因であった」と、外部要因以外にも急落の背景があったと指摘するのは「急落の影に日銀あり? “不発ETF買い”と“投信決算”から見える点と線 <東条麻衣子の株式注意情報>」の東条氏。今回の波乱については市場関係者の間でも意見が分かれるところ。多くの視点で分析が必要です。このほか、大人気連載「【植木靖男の相場展望】 ─ 株価反騰のための3つの条件」では、6月29日の時点で中長期的な上昇相場が終わっている可能性を論じており、また、「中村潤一の相場スクランブル 『需給相場の扉が開く、復活のキラ星7銘柄』」でも、「外部環境が下落相場を主導しているのではなく、株安の根源は株式需給悪によるもの」と、新たな視点を提供しています。このほか、株探では多くの人気筆者による連載を配信しており、多角的に相場を把握する助けとなるかと思います。どの記事も大いに投資の参考となりますので、お見逃しなく。

  【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 底値圏銘柄に浮上機運!
  伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (7月5日記)
  富田隆弥の【CHART CLUB】 「重要変化日の7月後半」


 下落相場の震源は、言うまでもなく米中貿易戦争。いま、この問題について改めて理解を深めておく必要がありそうです。6月30日に前後編の大ボリュームで掲載された「武者陵司 『米中貿易戦争の全体像を探る』【前編】」「(同)【後編】」は、貿易摩擦の焦点となる問題やトランプ米大統領の狙いなどについて詳細に論じ、その中で日本が優位的立場に置かれることを指摘。今週必読の記事となっています。

 米国は6日、中国に対し追加関税を発動しました。中国も報復関税に動くなど、米中貿易戦争は激化の一途を辿っています。こうした状況下、株探では2日に続き緊急特集として「危機去りし後「弾丸リバウンド」 “天与の底値買い”銘柄リスト <株探トップ特集>」を配信。制裁関税の追加措置が市場に及ぼす影響を改めて分析、さらにこの相場の中で拾っておくべき銘柄をピックアップしました。また、6日には前述の武者氏によるコラムの続編「武者陵司 『米中貿易戦争と中国のアキレス腱』」も掲載しており、ここまで読めば米中貿易戦争への理解は充分に深まるのではないでしょうか。


 ランキングに話を戻すと、「投資テーマ」に関する記事の人気は変わらず軒並み上位に入っています。まず、メルカリ <4385> [東証M]の上場でにわかに話題となっている「IPO」企業を特集した「7月IPO『最新情勢』、クリロナ人気でMTGに注目集中 <株探トップ特集>」が多くのアクセスを集めました。また、先週トップとなった「“AI&人材”時代が織りなす大相場、黄金の上昇機運「10銘柄」<株探トップ特集>」が今週も上位にランクインし、テーマ性の強さを見せつける結果となりました。

 「医療用3Dプリンター急成長、この実力株が活躍の舞台へ <株探トップ特集>」は、医療方面での活用が進み、市場が拡大している“医療用3Dプリンター”を特集し、大人気となりました。AIや全固体電池といった人気投資テーマ以外にも、こうした成長性のある市場にも注目が集まっています。

 このほか、以下の記事もよく読まれました。

  「全固体電池」が2位にランクイン、夢の次世代電池開発に業界各社が虎視眈々<注目テーマ>
  “副業元年”に飛躍期待の関連株、解禁進み恩恵受ける銘柄は <株探トップ特集>
  社名変更それぞれの理由 <株探トップ特集>


 好業績企業を特集した記事もランキング上位に並んでいます。特に人気となったのは、株主から預かった資金を使っていかに効率的に利益を出したのかを示す「ROE(自己資本利益率)」に注目した「魅惑の高収益、“ROE10%超”内需好業績リスト〔第1弾〕27社選出 <成長株特集>」。そのほか、「5万円以下で買える」割安株特集も多くのアクセスを集めました。銘柄選定の参考になさってください。

  5万円以下で買える、高利回り&低PER「お宝候補」27社 【東証1部】編 <割安株特集>
  5万円以下で買える、高利回り&低PER「お宝候補」25社 【2部・新興】編 <割安株特集>
  7月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集>
  【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 7月5日版

  下値模索の東京市場にかすかな光、先高シグナル点灯目前個別株は <株探トップ特集>

  上方修正“先回り”、18年6月中間期【業績上振れ】候補 32社選出 <成長株特集>
  上方修正“先回り”、18年12月期【業績上振れ】候補 33社選出 <成長株特集>


  引け後の情報をまとめてチェックできる「明日の好悪材料」「本日の【サプライズ決算】」は今週も大人気となり、すべてランクインしています。大変便利な記事ですので、ぜひご活用ください。

  【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月29日発表分)
  【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (7月2日発表分)
  【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (7月3日発表分)
  【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (7月4日発表分)
  【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (7月5日発表分)

  ★本日の【サプライズ決算】速報 (06月29日)
  ★本日の【サプライズ決算】速報 (07月02日)
  ★本日の【サプライズ決算】速報 (07月03日)
  ★本日の【サプライズ決算】速報 (07月04日)
  ★本日の【サプライズ決算】速報 (07月05日)

株探ニュース
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均