5801 古河電気工業 東証1 15:00
4,470円
前日比
-55 (-1.22%)
比較される銘柄: 住友電フジクラ三菱マ
業績: 今期予想
非鉄金属
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
13.7 1.33 1.79 16.31

銘柄ニュース

戻る
2017年03月02日10時05分

古河電工が4連騰で新値追い、半導体の品質向上に貢献する新型の半導体用テープを開発

 古河電気工業<5801>が4連騰で新値追い。同社は1日、半導体の品質向上に大きく貢献する新型の半導体用テープの開発に成功したと発表。米株高やドル高・円安の進行など良好な外部環境も追い風となり、物色人気が高まっている。

 新たに開発したのは、半導体ウエハーの製造方式で今後主流になるとみられる「レーザーグルービング(溝加工)+プラズマダイシング工法」向けの「プラズママスク付きバックグラインドテープ」および「エキスパンド分割用ダイシング・ダイアタッチフイルム」。同社は17年度下期から本格的な量産を開始するとしている。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

日経平均