市場ニュース

戻る

【特集】「再生可能エネルギー」が16位にランク、岸田首相はG7で重要性を強調<注目テーマ>

ウエストHD <日足> 「株探」多機能チャートより
★人気テーマ・ベスト10
1  メタバース
2  猛暑
3  水ビジネス
4  ディフェンシブ
5  サマーストック
6  レアメタル
7  防衛
8  半導体
9  円安メリット
10  インバウンド

 みんかぶと株探が集計する「人気テーマランキング」で、「再生可能エネルギー」が16位となっている。

 ドイツで開催されていた主要7カ国首脳会議(G7サミット)は28日、インフレや食料・エネルギー危機、気候変動問題といった世界的な課題への対応を広く盛り込んだ首脳宣言を採択して閉幕した。

 岸田文雄首相は27日に開かれた気候変動やエネルギー問題を議題とした会合で、特定の国へのエネルギー依存度を下げるためにも再生可能エネルギーの拡大などが重要だと強調。G7サミット閉幕後に行われた記者会見では、自らが提唱するアジア・ゼロエミッション共同体構想のもと、アジアの脱炭素化に取り組む考えを示した。

 岸田政権はカーボンニュートラルを成長戦略のひとつの柱と位置付けていることから、株式市場では依然として再生可能エネへの関心が高い。主な関連銘柄ではウエストホールディングス<1407>、Abalance<3856>、テスホールディングス<5074>、日立造船<7004>、Jパワー<9513>、レノバ<9519>、リニューアブル・ジャパン<9522>などが挙げられる。

出所:MINKABU PRESS



日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク