市場ニュース

戻る

【特集】「水ビジネス」が6位、早期梅雨明けで水不足に懸念<注目テーマ>

プレミアムW <日足> 「株探」多機能チャートより
★人気テーマ・ベスト10
1  メタバース
2  猛暑
3  レアメタル
4  ディフェンシブ
5  防衛
6  水ビジネス
7  半導体
8  円安メリット
9  サマーストック
10  Vチューバー

 みんかぶと株探が集計する「人気テーマランキング」で、「水ビジネス」が6位となっている。

 各地で早くも梅雨明けを迎えている。週明け27日に関東甲信や東海、九州南部、翌28日に近畿など北陸から九州北部の梅雨明けが発表され、梅雨明けの早さや期間の短さでそれぞれ統計開始以来の記録を更新したところが相次いだ。要因の一つとされるのがラニーニャ現象で、これが発生した年には猛暑などの異常気象が起きやすいと言われている。

 こうしたなか、異例の梅雨明けとなったことでここ懸念が高まっているのが水不足だ。梅雨の降水は貴重な水資源であり、夏場の水需要をまかなうのには欠かせない。既に西日本を中心にダムの貯水量に影響が出始めており、一部地域では渇水が発生しているところもあるという。

 銘柄としては、まずはミネラルウォーター関連に視線が向かうとみられ、家庭向け富士山天然水を製造・宅配するプレミアムウォーターホールディングス<2588>、神奈川地盤のLPG(液化石油ガス)事業者で宅配水事業も手掛けているトーエル<3361>、オフィス向け飲料サーバーのレンタルサービスなどを提供するダイオーズ<4653>などに注目。

 飲料水を取り扱うサントリー食品インターナショナル<2587>、伊藤園<2593>、キリンホールディングス<2503>といった大手飲料メーカーも要マークとなる。このほかでは、家庭用の雨水タンクを手掛けるタキロンシーアイ<4215>、タカショー<7590>にも目を配っておきたい。

出所:MINKABU PRESS



日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク