市場ニュース

戻る
2016年06月24日15時09分

【市況】米系大手証券、セメントの数量影響は7月以降徐々に発現、官需は下期の引き合いが強まると指摘

 JPモルガン証券のセメント業界のリポートでは、セメント協会が6月22日に公表した5月の国内セメント出荷量は前年同月比8.7%減の水準と指摘。6月の国内セメント販売量は15日時点で前年同月比3.1%減と前年割れが継続している状況も、同証券が注目している群馬県の八ツ場ダムにおけるコンクリートの打設は、6月中旬から開始された模様で、数量影響は7月以降徐々に発現すると解説。

 官需の6カ月先の先行指標とされる公共工事前払金保証請負額は、北海道のダム案件や九州でのトンネル工事などの案件により、直近5月の水準が前年同月比1.4%増と3カ月連続でプラス成長を示していることに着目。セメント官需は下期の引き合いが強まるとの見方を継続している。
《MK》

株探ニュース

日経平均