9101 日本郵船 東証1 15:00
1,950円
前日比
-11 (-0.56%)
比較される銘柄: 商船三井川崎汽飯野海
業績: 今期予想
海運業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
27.4 0.62 1.03 8.21
決算発表予定日  2018/10/31

銘柄ニュース

戻る
2017年03月01日12時20分

海運株が業種別値下がり率トップに売られる、バルチック指数が10日ぶりに反落

 日本郵船<9101>、商船三井<9104>、川崎汽船<9107>など海運株が総じて売りに押され、前引け時点では業種別騰落率で33業種中、値下がり率トップとなっている。

 鉄鉱石や石炭、穀物などを運ぶばら積み船市況の総合的な値動きを表すバルチック海運指数は2月中旬以降、上昇基調を続けていたが、前日は19ポイント安の859と10日ぶりに反落した。海運セクターは世界的な景況感回復を背景に、年初から一貫して下値を切り上げてきた。しかし、目先はバルチック指数反落を契機に利食いを促す格好となった。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均