6719 富士通コンポーネント 東証2 15:00
923円
前日比
0 (0.00%)
比較される銘柄: SMK航空電子ヒロセ電
業績: 今期予想
電気機器
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
30.0 4.49

銘柄ニュース

戻る
2017年01月30日12時32分

富士通コンが反発、4-12月期(3Q累計)経常は59%増益・通期計画を超過

 27日、富士通コンポーネント <6719> [東証2]が決算を発表。17年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益が前年同期比58.5%増の3.8億円に拡大して着地したことが買い材料視された。

 コントロールユニット、リレーなど車載用製品の販売が堅調に推移する中、コスト削減や生産性の向上などで採算が改善したことが寄与。昨年11月からの円安進行で10-12月期に為替差益が3.6億円発生したことも大幅増益に貢献した。

 通期計画の3.7億円を既に3.2%上回っており、通期業績の上振れを期待する買いが向かった。

株探ニュース
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均