3909 ショーケース 東証1 15:00
993円
前日比
-2 (-0.20%)
比較される銘柄: エイジアアイリッジパイプドHD
業績: 今期予想
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
30.6 5.16 0.66 25.29
決算発表予定日  2018/11/14

銘柄ニュース

戻る

ショーケース Research Memo(6):EC市場やネット広告市場は年々拡大


■業界環境

ショーケース・ティービー<3909>の業績に影響を及ぼす外部要因には、EC市場やネット広告市場の動向が挙げられる。まず、同社の主要顧客であるインターネット(EC)通販事業者を中心としたEC市場(2015年)は約13兆7,700億円(前年比約7.5%増)の規模となっており、年々拡大基調にある(経済産業省)。ただ、EC化率は4.75%とまだ低い水準であり拡大余地は大きい。また、(株)東洋新聞新報社によると、2020年には20兆円規模(年間平均成長率7.8%)へ拡大すると予想されており、さらにその時点におけるEC化率は6.5%を想定していることからまだまだ伸びしろは大きいと言える。

一方、国内インターネット広告費(2015年)も1兆1,594億円(前年比10.2%増)に拡大している(電通<4324>)。特に、同社が手掛けている運用型広告は6,226億円(前年比21.9%増)と大きく伸びており、全体の半分以上を占めるに至っている。なお、EC市場の拡大に伴って社会的な問題となっているのは、不正アクセスや不正決済への対応である。特に、同社の主要な顧客基盤である金融やEC業界を中心として不正アクセス等による被害に関する意識と防止策へのニーズが高まっている。

競合環境については、Webマーケティングを支援する企業は多数存在するものの、そのほとんどが「集客」の部分を事業領域(広告最適化等)としており、同社のように訪問から成約までをトータルでサポート(全体最適化)する企業は現時点で見当たらない。また、他社にはないユーザー情報(行動及び属性データ)の蓄積によるDMPを駆使したデータマーケティング事業(効果的な広告配信サービス)にも独自性があり、競合環境も非常に緩やかな状況にあると考えられる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田 郁夫)

《HN》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均