3630 電算システム 東証1 10:48
1,929円
前日比
+5 (+0.26%)
比較される銘柄: SCSKインフォメDラクーン
業績: 今期予想
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
22.4 2.07 1.35 1.85

銘柄ニュース

戻る
2017年02月28日16時27分

電算システム Research Memo(2):岐阜県発の情報処理企業で、進取の気性に富む社風を活かして発展


■会社概要

1. 沿革
電算システム<3630>は1967年、岐阜県内の企業の情報処理業務を受託することを目的として、地元企業や地銀の共同出資により「(株)岐阜電子計算センター」として設立された。地方企業ではあるものの技術力と先進的なことに積極的にチャレンジする企業風土とがあいまって、1973年4月には民間企業初の「口座振替サービス」を開始するなど、着実に業容とプレゼンスを高めていった。1977年に、岐阜県外での事業拡大を企図して社名を現社名へと変更した。

同社の創業事業は情報サービス事業であるが、この分野では1982年のPOSオンライン・サービスの開始や1986年の郵便局「ふるさと小包」事業のバックオフィス業務受託など、データ処理だけにとどまることなく事業領域と顧客層の拡大に取り組んできている。1997年には再び全国初のサービスとして、コンビニエンス・ストアでの代金決済代行サービスを開始した。これは前述の口座振替サービスとともに、現在の収益2本柱のうちの片方である収納代行サービス事業へと成長を遂げた。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)

《HN》

 提供:フィスコ

日経平均