2664 カワチ薬品 東証1 15:00
2,705円
前日比
+31 (+1.16%)
比較される銘柄: ゲンキーココカラFクスリアオキ
業績: 今期予想
小売業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
15.4 0.70 1.66 1.90

銘柄ニュース

戻る
2016年03月14日07時31分

前日に動いた銘柄 part1:ペプチドリーム、シーズHDなど


銘柄名<コード>⇒3月11日終値⇒前日比

鬼怒川ゴム<5196> 680 +100
政投銀のTOB報道伝わりプレミアム期待。

ミサワ<3169> 546 +80
10日に決算発表、今期の大幅増益見通し好感。

飛島建設<1805> 182 +22
1991.3期以来の復配実施を発表しており。

三井ハイテク<6966> 600 +42
10日に決算発表、実績は従来計画上振れ。

ベリサーブ<3724> 3125 +205
テーマ性の高さや取組妙味で。

日本商業開発<3252> 2106 +118
2000円の節目突破で買い戻し優勢か。

VOYAGE<3688> 1376 -57
週前半の上昇から戻り売り優勢。

セ硝子<4044> 618 -18
利食い売りなど需給面が重しか。

四国電力<9507> 1501 -42
電力株には司法リスク警戒の動き続く。

ペプチドリーム<4587> 5100 +705
みずほ証券では目標株価を9230円まで引き上げ。

市光工業<7244> 207 +23
クレディ・スイス証券では買い推奨を継続している。

シーズHD<4924> 2095 +167
上半期決算受けて、いちよし証券では格上げ観測。

ディップ<2379> 2569 +122
10日には業績上方修正、増配を発表している。

JP HLDG<2749> 308 +16
株式給付信託の導入などをポジティブ視も。

日本CMK<6958> 444 +34
取組妙味が強く買い戻し優勢に。

サンケン電気<6707> 367 +22
ショートカバーの動きが優勢と観測。

東燃ゼネ<5012> 939 +41
高利回り水準なども見直しか。

新生銀<8303> 152 +6
懸念された銀行株の堅調な動きで安心感も。

関東電化<4047> 833 -58
特に材料は観測されず需給面などが主因か。

ピーエス三菱<1871> 404 -21
業績上方修正も出尽し感につながる。

高島屋<8233> 912 -50
みずほ証券では投資判断を格下げしている。

ラウンドワン<4680> 669 -40
10日に発表した2月の月次動向をマイナス視。

グリー<3632> 570 -27
10日は台湾HTCとの連携好感で上昇したが。

GMOインタ<9449> 1368 -58
モルガン・スタンレーMUFG証券では目標株価を引き下げ。

川崎重工業<7012> 325 -6
SMBC日興証券では投資判断を格下げ。

カワチ薬品<2664> 2038 -72
権利落ちで見切り売りが優勢に。

クボタ<6326> 1538.5 -42.5
特段目立った材料観測されず需給要因が主因か。

《SY》

 提供:フィスコ

日経平均