市場ニュース

戻る

【特集】【今週読まれた記事】成長するテーマ“AI”に眠る大化け銘柄!

 株探でその週によく読まれた記事を紹介する【今週読まれた記事】のコーナー、今週は9月7日から13日までの株探へのアクセス状況を元に人気の記事をご紹介します。

 日経平均9連騰――9月相場に吹いた一陣の風は思いがけない上昇気流となってフシ目を次々突破、週末ついに一時2万2000円大台乗せ、終値でもあと2円にまで迫りました。隔週で土曜日に配信する人気相場コラム「【植木靖男の相場展望】 ─ 険しくとも挑むか中間反騰への道」の植木氏は6日執筆の記事で、2万1400円~1700円の抵抗帯を挙げ「ここを抵抗なく突破すれば、本年4月高値の2万2300円処も視界に入ろう」と述べています。このまま4月高値まで駆け上がることができれば中長期的にもトレンド転換が意識されるなど、重要な局面を迎えることになります。

 米中貿易戦争が始まって以来、対立激化の報で急落、緩和で上昇を繰り返してきた株式市場。今回の騰勢も米中雪解けムードを主軸に展開された相場といえます。完全決着がまだまだ期待できない以上、次の“激化”がいつ到来するのかには注意が必要です。両国の貿易協議が10月再開となったことで「少なくとも10月開催までは両国の対立が軟化し、市場を揺るがすようなネガティブ材料が出てくる可能性が小さい」と読むのは「【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ “苦月相場”のジンクス崩れる!耐性備えた東京市場」の北浜氏。トランプ大統領は12日、協議での「暫定合意」に言及するなど緩和ムードは加速、見事2万2000円台乗せに繋がりました。植木・北浜両氏のコラムは今週もアクセスランキングの上位を獲得しています。

 そのほか、「いまこそ、利潤証券(配当を得る権利)としての価値を見直すべきではないか」と、配当から株式の価値を再評価することを説き、多くの推奨銘柄を挙げた「【杉村富生の短期相場観測】 ─ 株式の価値を再確認しようじゃないか!」など、相場コラムはどれも人気となっています。波乱が多いといわれる9月、ぜひ多くの識者の意見を参考になさってください。

  武者陵司 「債券バブルと自社株買い」
  富田隆弥の【CHART CLUB】 「差し掛かったチャートの節目、一進一退を繰り返すか」


 今週、アクセスランキングのトップを獲得したのは「大化けのプロローグ、AI関連『中低位株』ここから狙う5銘柄 <株探トップ特集>」。AI関連企業に積極投資して巨大な利益を上げたソフトバンクグループ <9984> の「ソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)」。その第2号始動をきっかけに、「東京市場においても“AI関連銘柄争奪戦”の呼び水となる可能性がある」「とりわけ現在の東京市場には株価が中低位に位置するAI関連株に投資マインドを揺さぶるような銘柄が数多く眠っている」と指摘。投資テーマとして人気の高いAI関連から“大化け”する可能性がある銘柄を挙げ、多くのアクセスを獲得しました。

 ソフトバンクグループといえば、子会社のヤフー <4689> によるZOZO <3092> のTOB(株式公開買い付け)が大きな話題となりました。「ZOZOがカイ気配で水準切り上げる、ヤフーがTOB」は個別材料ニュースとしては異例のアクセスランキング入りとなっています。

 投資テーマ関連の記事では、「『顔認証』が注目度急上昇、東京五輪を控え有力な投資テーマに<注目テーマ>」も上位にランクイン。顔認証を高精度で行うためにはAIが必須であり、AI関連から派生したテーマともいえます。“AI”はいま、このように大きな広がりを持って成長し、新たな注目銘柄を生み続けています。

 そのほか、以下の記事もよく読まれています。銘柄選択の参考にご覧下さい。

  横浜「立候補」で再燃する「カジノ」関連株人気、誘致合戦で物色本格化 <株探トップ特集>
  いよいよ実用化、「バイオ3Dプリンター」関連株が創りだす株価未来図 <株探トップ特集>
  債券バブル時代の投資術「最小分散型投資」に脚光、相次ぐ急騰銘柄の行方 <株探トップ特集>


 続いて2位となったのは、“配当”と“株主優待”を合わせた利回りの高い企業にスポットを当てた「配当&株主優待“ダブル取り”、利回り『4%超』好業績株を追え! <株探トップ特集>」。3月期決算企業の中間期末である9月末を前に、配当利回りに注目した記事が人気となっています。このほか「9月配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 『東証1部』編 <割安株特集>」が先週の記事ながら上位ランキング入りを果たしています。

 「利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】 <成長株特集>」も、先週配信の〔第1弾〕を含め〔第2弾〕〔第3弾〕とすべてが上位入り。もちろん定番人気の<割安株特集>も多くの方に読まれランキング入りとなっています。

  利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第1弾 21社選出 <成長株特集>
  利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第2弾 17社選出 <成長株特集>
  利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第3弾 21社選出 <成長株特集>

  【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 9月11日版
  5万円以下で買える、高ROE&好業績「お宝候補」19社選出【東証1部】編 <割安株特集>
  5万円以下で買える、高ROE&好業績「お宝候補」24社選出【2部・新興】編 <割安株特集>


 「株探」に掲載されている膨大な情報を、どのように使いこなせばよいか初心者向けに解説する「ゼロから始める『株探』の歩き方」も多くの方に読まれました。第4回となる今回は「有望銘柄の発掘は決算速報で!」。銘柄選択の肝となる“決算速報”について、人気記事の【サプライズ決算】も活用して銘柄をどのように選ぶべきか丁寧に解説しています。


 “株探プレミアム”専用記事は、今週は3記事を配信。人気シリーズ「すご腕投資家さんに聞く『銘柄選び』の技 とりでみなみさんの場合」は、超多忙のなか“ほったらかし投資”で200万円の資金を約1.5億円に増やした“とりでさん”の第3回。7000万円の含み益を溶かしてしまった失敗の経験も。今回はその顛末と、それによって進化した投資術が明かされます。智剣・OskarグループCEO兼主席ストラテジストの大川智宏氏による「日本株・数字で徹底診断!」 の第24回「かつて注目の『ROE8%超え』を、投資戦略に活用する」は、“ROE”という指標を投資にどう役立てるかについて、データに基づいた分析を加えています。

 3記事目は、株探プレミアム・レポート「日本初の遺伝子治療薬は世界に羽ばたくのか、アンジェス山田社長に聞く」。日本初の遺伝子治療薬「コラテジェン」の販売が開始されたバイオ創薬企業のアンジェス <4563> [東証M]社長の山田氏に、「コラテジェン」の対象患者数やロイヤルティ収入、財務などについてかなり突っ込んだインタビューを行っており、必見の内容です。株探プレミアム専用記事は非会員の方でも1ページ目がご覧いただけますので、ぜひチェックをお願いいたします。

 このほか株探プレミアムでは、毎週日曜日の朝配信で「伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】」がスタートしました。毎朝のコラムで好評を博する伊藤氏が、翌日から1週間のマーケットの動きを精緻な分析を基に展望いたします。

 株探プレミアムは30日間の無料体験ができます。上記“プレミアム専用コラム”のほか、最大25期の通期業績、銘柄分析に役立つ“成長性”“収益性”タブ、最大22期のキャッシュフロー、業績予想の修正履歴など、使えば使うほど奥の深いコンテンツ満載の株探プレミアム。この機会にぜひ加入をご検討ください。


 引け後の材料をまとめてチェックできる株探の定番記事「【明日の好悪材料】」と「本日の【サプライズ決算】」。上手く使えば大いなる時短となる株探の人気記事となっています。今週掲載された記事は以下の通りです。

  【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (9月6日発表分)
  【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (9月9日発表分)
  【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (9月10日発表分)
  【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (9月11日発表分)
  【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (9月12日発表分)

  ★本日の【サプライズ決算】速報 (09月06日)
  ★本日の【サプライズ決算】速報 (09月09日)
  ★本日の【サプライズ決算】速報 (09月10日)
  ★本日の【サプライズ決算】速報 (09月11日)
  ★本日の【サプライズ決算】速報 (09月12日)

 その日の相場を振り返り、翌日の投資戦略を指南する「明日の株式相場戦略」。今週も多くの方に読まれすべてランキング入りしています。

  明日の株式相場戦略=6連騰なるか、銀行株や半導体株の反騰継続も
  明日の株式相場戦略=顔認証、半導体関連に妙味株あり
  明日の株式相場戦略=底上げ相場と急騰銘柄のメカニズム
  明日の株式相場戦略=8連騰もそろそろ用心、地銀再編で新テーマ創出も
  来週の株式相場戦略=トレンド転換鮮明、年初来高値が視野


株探ニュース

日経平均