市場ニュース

戻る
2018年05月24日15時23分

【注目】話題株ピックアップ【夕刊】(3):ジャストプラ、テリロジー、ソルクシーズ

ジャストプラ <日足> 「株探」多機能チャートより
■ジャストプランニング <4287>  3,320円  +448 円 (+15.6%) 一時ストップ高   本日終値
 ジャストプランニング<4287>は一時ストップ高まで買われ、年初来高値を更新した。同社はきょう、子会社のプットメニューとボクシーズ(東京都千代田区)が展開しているオーダーシステム「Putmenu(プットメニュー)が、リンガーハット<8200>のTOKYO PREMIUM 日比谷シャンテ店に採用されたと発表。Putmenuは、テーブルや部屋をIoT化することで「注文0分」「会計0分」を実現するシステム。4月には、日本KFCホールディングス<9873>傘下の日本ケンタッキー・フライド・チキンが運営するケンタッキー・フライドチキンの2店舗に試験導入されたことを明らかにしている。

■テリロジー <3356>  525円  +54 円 (+11.5%)  本日終値
 テリロジー<3356>が急騰。世界的にサイバー攻撃への警戒が高まるなか、情報セキュリティー関連企業への注目度が高まっている。同社はセキュリティー関連製品やIPサーバーなどの輸入販売を手掛けており、米新興メーカーの最新技術を取り扱っていることなどで注目度が高い。日本人の個人情報を集めたとみられる2億件以上のデータがダークウェブで販売されているとの報道などが、同社をはじめ関連株の株価を刺激している。

■川本産業 <3604>  498円  +38 円 (+8.3%)  本日終値
 川本産業<3604>が急騰、年初来高値を更新した。ガーゼ、脱脂綿などの医療機関向け衛生材で業界トップシェアを誇る。一般消費者向けオーラルケア商品が好調なほか、ベビー用品や医療用品もドラッグストアなどを活用して販路を拡大、業績回復に反映させている。19年3月期営業利益は連結ベースで前期比3.1倍と急変化を見込み、年間配当も前期の復配に続き2円増配の4円を計画している。PER、PBR面など株価指標面から割安感があるほか、信用買い残は枯れた状態で需給面も軽い。

■ホットリンク <3680>  797円  +55 円 (+7.4%)  本日終値
 ホットリンク<3680>が急反騰。マシーンラーニングなどを活用したビッグデータ解析ツールを手掛けており、立ち上げ段階からのブロックチェーン推進協会会員企業でもあり、関連有力株として物色人気が加速している。また、中国人観光客が急増するなか、中国の消費者動向に対する分析ニーズも高まっている。そのなか、同社は子会社を通じて日本に興味を持つ中国人消費者に効率的な情報を与えるサービスも手掛け、中国インバウンド関連としての切り口でも注目される。

■ソルクシーズ <4284>  1,479円  +99 円 (+7.2%)  本日終値  東証1部 上昇率トップ
 ソルクシーズ<4284>は急反発。同社は保険や証券など金融業界を主要顧客にシステム受託開発を展開しており、仮想通貨関連の一角としても注目度が高い。そうしたなか、23日取引終了後、資本・業務提携先の音声合成ソリューション開発会社であるエーアイが東証からマザーズ上場の承認を受けたことを発表、これを受けて株価が強く刺激される格好となった。

■ITbook <3742>  640円  +39 円 (+6.5%)  本日終値
 ITbook<3742>が売買高急増で大幅高。独立系で官公庁や地方自治体向けに強みを発揮するITコンサルティング企業で、民間企業向けでもIoT時代に対応した設備投資需要を追い風に実績を重ねている。安倍政権では中央省庁の再々編構想を検討しているほか、電子政府推進にも前向きに取り組む構えをみせている。そのなか、同社にはシステム開発特需が期待されるとの思惑がある。足もとの業績も好調で19年3月期は売上高が前期比44%増、営業利益は同68%増と前期に続く大幅な伸びを見込んでいる。

■リリカラ <9827>  242円  +13 円 (+5.7%)  本日終値
 リリカラ<9827>が5日続伸と上値追い鮮明。訪日外国人観光客は増勢一途で4月は前年同月比12.5%増の290万700人と2ケタ伸長で、単月での過去最高を記録している。宿泊施設の不足が顕著となるなか、インバウンド需要に対応したホテル開発の動きが加速している。6月には民泊新法が施行されることも追い風に、同社はカーテンや壁紙、床材などの商品卸大手としてビジネスチャンスを捉え、業績回復色が強まるとの思惑が働いている。

■メンバーズ <2130>  1,291円  +68 円 (+5.6%)  本日終値  東証1部 上昇率8位
 メンバーズ<2130>は大幅高で4連騰。企業のウェブサイトのデザイン制作やクリエーター人材の派遣などを手掛けているが、BOT機能を活用したマーケティング支援サービスなどを強化してビジネス領域の拡張に努めている。米シリコンバレーでAIベンチャーのスタートアップ企業を支援するゴールデン・ホエールズ社と協業関係にある。株価は5日・25日移動平均線のゴールデンクロス形成から一気に上放れの様相となった。

■エルテス <3967>  2,137円  +79 円 (+3.8%)  本日終値
 エルテス<3967>が堅調推移。同社はきょう、小売店での内部不正を抑制・検知するシステム「MIHALU」の提供を開始したと発表。「MIHALU」は、在庫管理や売価変更、勤怠、POSレジなどのデータを活用して、不正転売や不正値引きなどを検知するシステム。既にイオン<8267>グループのイオンペットがこのシステムを採用、導入を開始したことを明らかにしている。

■アドウェイズ <2489>  519円  +19 円 (+3.8%)  本日終値
 アドウェイズ<2489>は4日続伸。24日に韓国サムスン電子とグローバル提携し、サムスンのスマートフォン「Galaxy」ユーザーに向けた「予約トップ10」の提供を韓国で開始したと発表したことが好感された。「予約トップ10」は、リリース前の新作アプリを対象とした事前予約サービス。今回のグローバル提携により、サムスン電子の「Galaxy S7」以降の端末で利用可能な「ゲームランチャー」で、「予約トップ10」のサービスが提供可能となる。

●ストップ高銘柄
 アークン <3927>  1,700円  +300 円 (+21.4%) ストップ高   本日終値
 など、2銘柄

●ストップ安銘柄
 なし

株探ニュース
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均