市場ニュース

戻る

【市況】NY原油:大幅続伸で50.92ドル、産油国による減産幅拡大の思惑浮上


NY原油先物11月限は大幅続伸(NYMEX原油11月限終値:50.92 ↑1.34)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物11月限は前日比+1.34ドルの50.92ドルで取引を終えた。NY原油先物は一時51.06ドルまで上昇。主要産油国は現行の減産措置を延長するか、減産幅の拡大を検討するとの観測が広がったことが要因。すでに石油輸出国機構(OPEC)のバルキンド事務局長は「2018年も当面は減産を続ける可能性がある」と指摘しており、需給改善への期待は再び高まり、短期筋などの買い戻しが入った。
《CS》

 提供:フィスコ
【関連記事・情報】

日経平均