市場ニュース

戻る

【材料】神戸製鋼所---ストップ安売り気配、データ改ざん問題発覚で信用力低下懸念

神戸鋼 <日足> 「株探」多機能チャートより

神戸製鋼所<5406>はストップ安売り気配。アルミ・銅製品ついて、検査証明書のデータの書き換えなど行い、仕様に適合するものとして出荷していた事実が判明したと発表。対象製品の数量は、アルミ製品は約19.3千トン、銅製品が2.2千トン、アルミ鋳鍛造品が19.4千個とされている。同社では過去にもデータ改ざんが行われており、対象製品は今後拡大する可能性も見込まれているもよう。信用力低下に伴う今後の業績影響が警戒される状況に。
《WA》

 提供:フィスコ
【関連記事・情報】

日経平均