市場ニュース

戻る
2017年10月06日19時30分

【特集】10万円以下で買える、最高益・低PBR「お宝候補」17社【東証1部】編 <割安株特集>

グランディ <日足> 「株探」多機能チャートより

 上場企業の売買単位の引き下げや株式分割などで、株式の購入に必要な最低投資金額(株価×売買単位)は低下傾向にある。東証1部上場企業でも約430社が最低投資金額10万円以下で購入できる。また、ネット証券の多くでは約定金額が低い取引の手数料を重点的に引き下げる傾向にある。具体的には無料や100円以下など売買手数料を気にせずに売買が可能となっている。

 最低投資金額が10万円以下の銘柄は小額資金で購入できるほか、同じ予算でも高株価の銘柄に比べ株数を多く購入したり、買付や売却の時期を分散できるメリットがある。今回は、今期に経常最高益を見込み、かつ理論上の解散価値であるPBR(株価純資産倍率)が東証1部市場平均の1.34倍を下回る銘柄を探った。

 下表は東証1部上場銘柄を対象に、(1)最低投資金額が10万円以下、(2)今期に経常最高益を見込む、(3)実績PBRが1.2倍以下――を条件に投資妙味が高まる割安な「お宝候補」17社を選び出し、最低投資金額の低い順に記した。(※最低投資金額、PBRは6日現在)

 なお、8日(日)19時30分に「10万円以下で買える、最高益・低PBR『お宝候補』【2部・新興】編」を配信する予定です。ご期待下さい。


           最低投資  ┌経常利益┐   実績
コード 銘柄        金額 増益率  今期   PBR
<7167> めぶきFG    44300  12.0  58500   0.60
<8999> グランディ    45300  17.6  3300   0.73
<3232> 三重交HD    46000   2.1  5600   1.13
<4826> CIJ      64600  30.5  1600   1.06
<4220> リケンテクノ   69500  11.4  6500   0.95

<7180> 九州FG     69500  39.3  30000   0.51
<7987> ナカバヤシ    69600   6.0  3000   0.85
<3865> 北越紀州紙    72800  13.8  16000   0.75
<8818> 京阪神ビル    75200   1.3  4800   0.68
<7619> 田中商事     76300  44.9  1630   0.65

<3280> エストラスト   77300   4.6  1000   1.09
<9069> センコーHD   80400   5.8  18300   1.20
<8860> フジ住      86100   4.9  6000   0.95
<2734> サーラ      87400  63.5  5000   0.98
<1879> 新日本建     91000   3.6  12400   1.10

<3277> サンセイラン   91500   3.5  1374   1.07
<3546> ダイユーHD   94000   1.5  1930   1.17


※単位は最低投資金額が円、経常利益が百万円、増益率が%、PBRが倍。

株探ニュース

日経平均