市場ニュース

戻る

【注目】本日注目すべき【好決算】銘柄 アルテック、パソナG、Jフロント (6日大引け後 発表分)

アルテック <日足> 「株探」多機能チャートより

 6日大引け後に決算を発表した銘柄のなかから、業績好調や配当増額など市場で評価される可能性の高い銘柄を取り上げた。

 アルテック <9972>   ★今期経常を2倍上方修正
 ◆17年11月期の連結経常利益を従来予想の2億円→4億円に2.0倍上方修正。増益率が10.5%増→2.2倍に拡大する見通しとなった。利益率の高い電子タグ関連装置やプリンテッドエレクトロニクス関連装置の販売が伸びることが寄与。コスト管理の徹底なども上振れに貢献する。

 パソナG <2168>   ★6-8月期(1Q)経常は5.8倍増益で着地
 ◆18年5月期第1四半期(6-8月)の連結経常利益は前年同期比5.8倍の10億円に急拡大して着地。人手不足を背景に製造業やIT、金融を中心に人材紹介が好調だったほか、行政事務代行などの請負事業も伸びた。退職給付費用の負担減少に加え、システム基盤の共通化で効率化が進んだことも大幅増益に貢献した。
  上期計画の11.9億円に対する進捗率は84.5%に達しており、業績上振れが期待される。

 Jフロント <3086>   ★上期税引き前を一転21%増益・最高益に上方修正、通期も増額
 ◆18年2月期上期(3-8月)の連結税引き前利益を従来予想の213億円→259億円に21.3%上方修正。従来の0.1%減益予想から一転して21.2%増益を見込み、2期ぶりに上期最高益を更新する見通しとなった。4月に開業した商業施設「GINZA SIX」の賃料収入が伸びたほか、卸売事業で電子デバイスの販売が好調だった。関係会社株式売却益の発生なども利益を押し上げた。
  上期増額分を下回る形で、通期の同利益も447億円→470億円に5.1%上方修正。増益率が4.9%増→10.3%増に拡大する見通しとなった。

 シグマ光機 <7713> [JQ]  ★6-8月期(1Q)経常は63%増益で着地
 ◆18年5月期第1四半期(6-8月)の連結経常利益は前年同期比63.0%増の3.3億円に拡大して着地。スマートフォンの高機能化やIoTの進展を追い風に、半導体関連向けにレーザー加工機・検査装置用レンズユニットなどの光学ユニットの受注が大きく伸びた。
  上期計画の4.7億円に対する進捗率は71.4%に達しており、業績上振れが期待される。

 ノダ <7879> [東証2]  ★12-8月期(3Q累計)経常が40%増益
 ◆17年11月期第3四半期累計(16年12月-17年8月)の連結経常利益は前年同期比40.4%増の35.9億円に拡大して着地。国産針葉樹合板の販売拡大や値上げ効果などで、合板事業の営業利益が倍増したことが寄与。
  通期計画の40.5億円に対する進捗率は88.6%に達しており、業績上振れが期待される。

株探ニュース

日経平均