市場ニュース

戻る
2017年03月01日15時45分

【特集】MRO Research Memo(5):配当性向30%以上を継続、2017年12月期は22円配当を予想

モノタロウ <日足> 「株探」多機能チャートより

■株主還元策

MonotaRO<3064>は業績に合わせて安定配当していく方針である。2016年12月期は上期9円、下期9円、通年で18円(前期比6円増)と大幅な増配を行った。2017年12月期も増益の事業計画を背景に上期11円、下期11円、通年22円と増配を予想する。配当性向は過去4年間30%台を維持しており、2017年12月期においても34.4%と同水準を維持する予想である。同社は株主優待として、決算期末(12月末日)に100株以上を保有している株主に対し3,000円相当のプライベートブランド商品を贈呈している。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田 秀夫)

《HN》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均