市場ニュース

戻る
2017年02月28日08時44分

【市況】波乱相場警戒で短期的な値幅取り中心か/オープニングコメント

NYダウ <日足> 「株探」多機能チャートより

 28日の日本株市場は反発が意識されるものの、イベントを控えてこう着感の強い相場展開が続こう。27日の米国市場ではNYダウが小幅ながら12営業日続伸となった。トランプ大統領の議会演説を控え、発言内容を見極めたいとの思惑から利食い先行となったが、トランプ大統領と州知事との会談での発言等が材料視されていた。この流れからシカゴ日経225先物清算値は大阪比55円高の19195円だった。円相場は1ドル112円65銭辺りと、前日からはやや円安に振れている。

 シカゴ先物にサヤ寄せする格好から、買い先行で始まろう。前日の日経平均は節目の19000円を一時下回ったこともあり、いったんは調整一巡感も意識される。これまでのレンジ内での推移ではあるが、やや自律反発も期待されそうである。もっとも、トランプ大統領の議会演説待ちであり、積極的な売買は手控えられる。短期的な値幅取り狙い中心の売買となりやすく、トレンドは出難いところである。

 また、トランプ大統領の議会演説は米東部時間28日21時(日本時間3月1日11時)からとなる。前場の終了間際となるため、発言等で大きく市場が揺れる可能性がある。波乱の展開も予想されるなか、オーバーナイトのポジションは取りづらい。その為、ポジション調整のほかは、中小型株での値幅取りにとどまりそうである。
《AK》

 提供:フィスコ

日経平均