市場ニュース

戻る

【注目】話題株ピックアップ【昼刊】:タカタ、Jディスプレ、日立化

日立化 <日足> 「株探」多機能チャートより
■タカタ <7312>  619円  +100 円 (+19.3%) ストップ高買い気配   11:30現在  東証1部 上昇率2位
 タカタ <7312> が連続ストップ高買い気配。24日、同社が再建に関する一部報道についてのコメントを発表したことが引き続き買い材料視された。コメントでは、法的整理を前提に進められているかのような誤解を招きかねない一部報道により、混乱をきたしたことは遺憾であるとして上で、法的手段による再建を選択することは想定していないと発表した。これを受け、法的整理による再建の回避に期待する買いが続いている。

■サカイ引越センター <9039>  3,065円  +254 円 (+9.0%)  11:30現在  東証1部 上昇率5位
 サカイ引越センター<9039>が続急騰。同社は関西を地盤とする引っ越し専業大手。前日後場取引時間中に発表した、17年3月期第3四半期累計(16年4月~12月)の連結売上高は558億8900万円(前年同期比7.0%増)と増収を確保、営業利益も47億1400万円(同1.0%増)と小幅ながら増益を堅持している。東海東京調査センターは25日付で同社株のレーティングを「アウトパフォーム」でフォローしている。第3四半期に大幅増益となったが、第4四半期は季節的に引っ越し案件が集中する時期であり、同社の利益も大きくなることから、17年3月期通期営業利益計画(前期比5.7%増の71億7400万円)の達成確度は高いとの見方を示している。

■日本バルカー工業 <7995>  1,692円  +133 円 (+8.5%)  11:30現在  東証1部 上昇率6位
 日本バルカー工業 <7995> が3連騰し、昨年来高値を更新した。25日、同社は17年3月期の連結経常利益を従来予想の31億円→36億円に16.1%上方修正し、増益率が1.4%増→17.7%増に拡大する見通しとなったことが買い材料視された。半導体装置向け樹脂製品やシリコンウエハーリサイクルの販売が好調で、売上が計画を上回ることが利益を押し上げる。併せて、創業90周年記念配当15円を実施する形で、今期の期末配当を従来計画の30円→45円(前期は5→1の株式併合前で6円)に増額修正した。前日終値ベースの期末配当利回りが2.89%に上昇し、配当取りを狙う買いも向かった。

■エボラブルアジア <6191>  3,395円  +260 円 (+8.3%)  11:30現在
 エボラブルアジア<6191>が大幅続伸し、昨年8月の1対3株の株式分割を考慮すると実質上場来高値を更新している。25日の取引終了後、民泊サイト「AirTrip(エアトリ)民泊」を26日にプレオープンすると発表しており、これを好感した買いが入っている。「AirTrip民泊」は、合法にこだわり、特区民泊が認められている東京都大田区の物件に限りプレオープン。グランドオープンは4月を予定しており、旅行に不可欠な移動手段(航空券・新幹線)も同時に提供することで利便性を図る。なお、18年に物件登録数1万件、20年に同3万件を目指すとしている。

■KOA <6999>  1,296円  +86 円 (+7.1%)  11:30現在  東証1部 上昇率8位
 25日に決算を発表。「非開示だった今期経常は3%増益、未定だった配当は28円実施」が好感された。KOA <6999> が1月25日大引け後(15:00)に決算を発表。17年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比13.9%減の22.9億円に減った。業績好調に伴い、従来未定としていた今期の年間配当は28円(前期は28円)実施する方針とした。
  ⇒⇒KOAの詳しい業績推移表を見る

■ジャパンディスプレイ <6740>  324円  +20 円 (+6.6%)  11:30現在  東証1部 上昇率10位
 ジャパンディスプレイ<6740>が大幅続伸。25日の取引時間中、プラスチック基板を用いた5.5型フルハイビジョン液晶ディスプレーを開発したと発表したが、前日に続いてこれを好感した買いが入っている。新製品「FULL ACTIVETM FLEX」は、TFTを形成する基板を従来のガラスに変えてプラスチックを用いることで超薄型化構造を実現したほか、その柔軟性を生かして曲面形状を容易に形成することができる“曲がる”ティスプレー。また、落下衝撃による基板の割れを防止するという。同社では、18年の量産開始を目指しており、スマートフォンだけではなく、ノートパソコンや車載製品などへの展開を検討していることから、業績への貢献が期待されている。

■日立化成 <4217>  3,290円  +170 円 (+5.5%)  11:30現在
 日立化成 <4217> が3日続伸し、連日で昨年来高値を更新した。25日、17年3月期の連結税引き前利益を従来予想の490億円→545億円に11.2%上方修正し、従来の10.9%減益予想から一転して1.5%増益見通しとなったことが買い材料視された。スマートフォン向け半導体用材料などのエレクトロニクス関連製品が想定より伸びることが寄与。円安による収益押し上げ効果に加え、イタリア鉛蓄電池メーカーの買収効果も上振れに貢献する。なお、下期の想定レートを1ドル=100円→110円に見直している。

■三菱UFJ <8306>  738.3円  +27.1 円 (+3.8%)  11:30現在
 三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>が4%近い上昇で25日移動平均線上に浮上、三井住友フィナンシャルグループ<8316>、みずほフィナンシャルグループ<8411>も上値追い基調に転じるなど、メガバンクが再び買い優勢の展開となってきた。前日の米国株市場ではNYダウが2万ドル大台を突破、そのなかゴールドマン・サックス、シティグループ、JPモルガンなどの金融株が買われ全体相場を牽引しており、その流れが東京市場にも波及している。トランプ新政権下でのドッド・フランク法など金融規制緩和期待に加え、1月下旬に入り再び上昇傾向を強める米長期金利の動向は、日本のメガバンクにとっても追い風材料となっている。

■三菱マテリアル <5711>  4,020円  +90 円 (+2.3%)  11:30現在
 三菱マテリアル<5711>や住友金属鉱山<5713>など非鉄株がしっかり。三菱マは、昨年10月に10株を1株とする株式併合を実施しているが、株価は実質ベースで15年12月以来、1年1カ月ぶりとなる4000円台に乗せた。銅価格は、ロンドン金属取引所(LME)の3カ月先物で1トン当たり5940ドル前後と15年6月以来、約1年7カ月ぶりの水準に上昇。米国のインフラ投資に伴う銅需要の拡大思惑が強まっている。三菱マの場合、米国でのセメント需要の増加も追い風となる。また、亜鉛などの価格も上昇しており、非鉄株の見直し要因に働いている。

■大阪チタ <5726>  1,743円  +32 円 (+1.9%)  11:30現在
 大阪チタニウムテクノロジーズ<5726>、東邦チタニウム<5727>がいずれも続伸。スポンジチタンを手掛けており、来期業績は急回復に向かう見通し。在庫調整を経て航空機業界向けの高水準の需要を取り込む可能性が高まっている。航空旅客需要は飛行距離ベースで2035年に15年比2.5倍になるとの試算も出ており、ボーイングなど航空機メーカーの増産志向は不変で中期的な追い風は強い。前日の米国株市場ではNYダウが初めて2万ドル台を突破したが、そのなかで値上がり率トップは10~12月期の最終利益が59%の伸びを示したボーイングだった。商用機の伸びが顕著で今後も業績好調が予想されており、ボーイングの好業績はスポンジチタン需要にも反映されるとの思惑がプラス材料となっている。

■コマツ <6301>  2,829.5円  +51.5 円 (+1.9%)  11:30現在
 コマツ<6301>や日立建機<6305>といった建機株がそろって昨年来高値を更新。トランプ米大統領は米国内で石油パイプラインの建設を進める大統領令に署名したことを受け、今後インフラ投資拡大を推進するとの期待が浮上。大手建機には米国需要が膨らむとの見方が強まっている。また、米国のインフラ投資などに絡み銅など非鉄価格が上昇している。これに伴い鉱山機械への需要が活発化するとの観測も強まっている。

■ 日本化学産業 <4094>  1,439円  +300 円 (+26.3%) ストップ高   11:30現在
 日本化学産業<4094>が急騰し、連日の昨年来高値更新。25日の取引終了後、住友金属鉱山<5713>から二次電池用正極材の受託加工で増産要請を受けたと発表しており、これを好材料視した買いが入った。同社ではこの要請を受けて、約15億円を投じて福島第一工場(福島県・広野町)で生産増強投資を実施する予定で、18年1月から現行の月産約350トンから同600トン体制に引き上げる

■ ボヤージュ <3688>  1,444円  +300 円 (+26.2%) ストップ高   11:30現在
 VOYAGE GROUP <3688> がストップ高。25日、同社は17年9月期第1四半期(10-12月)の決算を発表。連結経常利益が前年同期比25.0%増の7億円に伸びて着地したことが買い材料視された。広告配信プラットフォームを運営するアドプラットフォーム事業が収益を牽引した。インターネット広告市場が拡大するなか、アドネットワーク広告配信の大口受注を獲得したほか、スマートフォン向け動画広告配信を主力とするCMerTVを連結化したことが寄与した。第1四半期業績が通期計画12億円に対して進捗率が59.1%に達しており、業績上振れを期待する買いが向かった。

●ストップ高銘柄
 サイバーステップ <3810>  1,140円  +150 円 (+15.2%) ストップ高   11:30現在
 など、4銘柄

●ストップ安銘柄
 なし

株探ニュース

日経平均