市場ニュース

戻る
2016年12月02日14時11分

【市況】14時時点の日経平均は136円安、売買代金上位は三菱UFJ、みずほなど

日経平均 <1分足> 売買代金 「株探」多機能チャートより

14時時点の日経平均は前日比136.50円安の18376.62円。TOPIXは前日比7.39pt安の1475.88pt。

業種別では売りが優勢。銀行を抜いて、証券が前日比+3.45%で上昇率トップにランクイン。野村<8604>、光世証券<8617>が前日比+5%に。その他、銀行、海運、保険、鉄鋼などが続いている。一方、下落率トップは前日比-2.24%で食料品。江崎グリコ<2206>、森永製菓<2201>が-3%台で推移。

値上がり率上位銘柄は、安永<7271>、日本アジア投資<8518>、クラリオン<6796>、神栄<3004>、富士石油<5017>など。安永は前日比+19%の上昇に。一方値下がり率上位は、アデランス<8170>、日立ハイテク<8036>、トーヨーカネツ<6369>、DeNA<2432>、日本ペイント<4612>など。アデランスは前日比-8%の下落となっている。

《WA》

 提供:フィスコ

日経平均