市場ニュース

戻る
2016年12月02日12時18分

【市況】イタリア国民投票控えて本腰を入れた物色は限られそう/後場の投資戦略

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより

日経平均 : 18425.45 (-87.67)
TOPIX  : 1480.79 (-2.48)

[後場の投資戦略]

 日経平均は反落も5日線を上回って推移するなど、底堅さが意識されている。TOPIXの下落により、午後は日銀のETF買い入れに対する思惑等も売り込みづらくさせる。雇用統計についてはサプライズなく、堅調な結果により12月利上げを後押しする格好が想定される。しかし、イタリアの国民投票では、日本市場が結果を受けたマーケットインパクトを一番受けるとみられており、リスクは取りたくないだろう。

 予想通りの結果となれば問題はないが、市場ではブレグジットとドナルド・トランプ氏の次に来るのはイタリアとの見方もされている。英国、米国に続く次の舞台としてイタリアの国民投票に注目が集まるなか、本腰を入れた物色は限られそうだ。(村瀬智一)
《MA》

 提供:フィスコ

日経平均