市場ニュース

戻る
2016年12月01日11時55分

【材料】<動意株・1日>(前引け)=阪急阪神、NN原油ブル、プロパティA

阪急阪神 <日足> 「株探」多機能チャートより
 阪急阪神ホールディングス<9042>=11日続伸。同社について11月30日付で岡三証券がレーティング「強気」継続、目標株価を4040円から4230円へ引き上げた。17年3月期は施設用地売却益のはく落やステージ事業の公演日数減、旅行セグメントにおける熊本地震や欧州テロ影響などにより減益となるものの、都市交通、ホテルの各セグメントが堅調に推移することで高水準の利益を維持すると指摘している。

 NEXT NOTES 日経・TOCOM 原油ダブル・ブルETN<2038>=ストップ高。30日に開催された石油輸出国機構(OPEC)総会では、8年ぶりの減産で最終合意に達した。これを受け、同日の米原油先物相場のWTI(ウエスト・テキサス・インター ミディエート)の期近17年1月物は前日比4.21ドル高の1バレル49.44ドルに急上昇。一時49.90ドルと10月下旬以来の水準に値を上げた。この原油価格の急騰に連動し、NN原油ブルも大幅高となっている。

 プロパティエージェント<3464>=大幅続伸。同社は11月30日、分譲住戸の完売を相次いで発表。これによる業績への寄与などが期待されているようだ。完売したのは、鉄筋コンクリート16階建で総戸数52戸の「クレイシア新宿」および、鉄筋コンクリート8階建で総戸数26戸の「クレイシア両国ヴェルデ」。なお、「クレイシア両国ヴェルデ」の26戸のうち投資用分譲住戸17戸は既に9月30日に完売している。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

日経平均