市場ニュース

戻る
2016年12月01日10時47分

【経済】政治から読み解く【経済と日本株】民進・金子氏 :今、金融引締めを許してはならない


民進・金子氏は「この記事は当局の観測気球だろうか?今、金融引締めを許してはならない。日銀の国債購入、ただ減るのみ」とツィート(11/30)

日本銀行による金融調節は長期金利を0%程度に誘導するために行うものであり、そのため、国債購入を増やすことも減らすこともある。ただ、円安や米長期金利の上昇を受けて長期金利を0%にとどめる意義はなくなりつつある。また、中央銀行でも長期金利を完全にコントロールすることは難しい。長期金利を0%にとどめることによって円安が進行し、長期金利の上昇を促すことも考えられる。日本銀行は国債購入を増やすことで長期金利の上昇を抑えることができると考えているようだが、非常に大きなリスクを孕んでいる。

《MK》

 提供:フィスコ

日経平均