市場ニュース

戻る
2016年08月29日17時44分

【経済】米利上げ時期については予断を持てない状況が続くか?


 多くの市場関係者が注目していたイエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の講演が26日に行われた。講演では「利上げへの論拠が強まってきた」との見解が示された。
 ただし、イエレン議長は利上げを行う時期について具体的に述べていない。「FRBが目標とする最大雇用と物価安定に米経済は近づいている」と指摘しているものの、物価については2%の目標水準を下回る状態が続いている。

 このため、市場関係者の間では「9月に利上げを行う可能性はあるものの、今年については12月の1回だけにとどまる可能性が高い」との見方が少なくないようだ。9月2日に発表される8月米雇用統計で非農業部門雇用者数や平均時給の伸びや市場予想を下回った場合、9月利上げに対する市場の期待は再び後退し、ドル売りが強まるとみられる。
《MK》

 提供:フィスコ

日経平均