市場ニュース

戻る
2016年08月12日18時56分

【テク】日経平均テクニカル:価格帯出来高の抵抗レベルをクリア


大幅反発で価格帯別出来高の商いが膨れている水準(16600-16800)をクリアしてきている。16800円を回復して始まり、その後も上げ幅を広げており、7/21につけた戻り高値をクリアしている。一目均衡表では転換線を支持線に雲を上放れての推移となり、週間形状では雲下限に接近。雲下限が17240円辺りに位置しているが、来週以降は切り下がりをみせ、3週後には16945円辺りまで下がってくる。次第に雲突破への意識が高まることになりそうだ。遅行スパンは2月半ばの水準を通過しており、実線を上回る上方転換シグナルを発生。13週線、26週線からの上放れを見せてきており、中期の調整トレンドからの転換が意識される。

《WA》

 提供:フィスコ

日経平均