市場ニュース

戻る
2016年08月06日07時00分

【市況】今週の【早わかり株式市況】 続落、円高や債券急落、原油安を嫌気

日経平均 <週足> 「株探」多機能チャートより

◆マーケット・トレンド(8月1日~5日)

今週の株式市場は、米雇用統計発表を控え様子見姿勢が強い中、円高基調や債券急落、原油安が嫌気され続落した。

 週初の1日は前週末の日銀金融政策決定会合の結果を受け、メガバンクや指数寄与度の高い銘柄が買われ、日経平均は続伸した。

 翌2日は原油安や債券急落が嫌気され東証全33業種が下げ、日経平均は3日ぶりに反落した。3日も欧米株安や円高で売り優勢が続き、連日で全33業種が下落。日経平均は大幅に続落し3週ぶり安値に沈んだ。4日は買い手控えムードが強く日経平均は一時1万6000円大台を割り込んだものの、大口のインデックス買いを機に切り返し、経済対策効果への期待もあって反発した。

 週末は夜に発表される米雇用統計を前に様子見姿勢が強く、小動きな展開となった。

 日経平均株価は、前週比314円(1.90%)安の1万6254円と2週続落して取引を終えた。週間の振れ幅は756円と、前週の647円から拡大した。


 昨日発表された米国の7月雇用統計が市場予想を大幅に上回りNYダウが大幅高をなったことを受け、来週の東京市場は堅調なスタートになりそうだ。その後は、経済対策効果で底堅いものの上値を追う材料にも乏しく、円相場の動向に左右される相場が続く可能性がある。重要イベントとしては、国内では8日朝に発表される日銀金融政策決定会合の「主な意見」や10日朝に発表される6月機械受注に注目したい。海外では12日に発表される中国の7月鉱工業生産や米国の7月小売売上高に注視が必要だろう。

【↑】 8月 1日(月)―― 続伸、日銀決定を受けメガバンク・指数寄与度高い株に買い
 日経平均 16635.77( +66.50)  売買高24億0409万株 売買代金 2兆4867億円

【↓】 8月 2日(火)―― 3日ぶり大幅反落、原油安・債券急落で全33業種が下落
 日経平均 16391.45( -244.32)  売買高19億7429万株 売買代金 2兆0807億円

【↓】 8月 3日(水)―― 大幅続落で3週ぶり安値、欧米株安や円高を嫌気
 日経平均 16083.11( -308.34)  売買高22億4069万株 売買代金 2兆4585億円

【↑】 8月 4日(木)―― 3日ぶり反発、一時1万6000円台割れもインデックス買いで切り返す
 日経平均 16254.89( +171.78)  売買高22億7559万株 売買代金 2兆4633億円

【↓】 8月 5日(金)―― 小反落、米雇用統計発表を控え様子見強く
 日経平均 16254.45( -0.44)  売買高18億8957万株 売買代金 2兆1988億円

◆セクター・トレンド(8月1日~5日)

(1)JR東海 <9022> など陸運、大和ハウス <1925> など建設、JT <2914> など食品といった内需株が売られた
(2)ダイキン <6367> など機械、ファナック <6954> など電機といった輸出株もさえない
(3)前週末急動意した三菱UFJ <8306> など銀行、東京海上 <8766> など保険といった金融株は反落
(4)原油安でJX <5020> など石油、国際石開帝石 <1605> など鉱業株が続落
(5)東電HD <9501> 、中部電 <9502> など電力・ガス株も大幅続落
(6)三菱商 <8058> 、三井物 <8031> など大手商社株は堅調

株探ニュース

日経平均