市場ニュース

戻る
2016年08月03日16時44分

【市況】【↓】日経平均 大引け| 大幅続落で3週ぶり安値、欧米株安や円高を嫌気 (8月3日)

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

日経平均株価
始値  16227.28
高値  16275.34(11:02)
安値  16056.67(13:39)
大引け 16083.11(前日比 -308.34、 -1.88% )

売買高  22億4069万株 (東証1部概算)
売買代金 2兆4585億円 (東証1部概算)

-----------------------------------------------------------------

■本日のポイント

 1.日経平均は大幅続落、3週ぶりの安値
 2.前日の欧米株安と円高進行を嫌気
 3.欧州の金融株売り波及で銀行・証券株売られる
 4.大幅増額したETF買い入れ期待も限定的
 5.連日で全33業種が下落、全体の9割銘柄が下げる

■東京市場概況

 前日の米国市場では、NYダウは90ドル安と7日続落。欧州株安に加え、原油安や7月新車販売の減少が嫌気された。

 東京市場では、前日の欧米株安と為替の円高を受けて大きく売りが先行、日経平均株価は後場一段安で1万6000円トビ台まで水準を切り下げた。7月12日以来、約3週ぶりの安値水準となった。

 3日の東京市場は、前日の欧州株が大幅な下げをみせたほか、米国市場でもNYダウが7日続落とリスク回避ムードの強いなか売り優勢に傾いた。外国為替市場では円買いが加速、1ドル=100円台まで円高が進行したことも嫌気された。輸出採算の悪化懸念で自動車株が売られ、金融株の下げが顕著だった欧州の地合いを引き継ぎ、メガバンクも連想売りにさらされた。政府の大型の経済対策や、日銀のETF買い入れに対する期待はあるものの、きょうは外部環境に翻弄された格好だ。日経平均は結局300円超の下げで前日と合わせた下げ幅は550円を超えた。値下がり銘柄数は1700を超え、全体の約9割の銘柄が下落している。

 個別では、トヨタ自動車<7203>が軟調、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>などメガバンクも下落。前日にストップ高したニッセンホールディングス<8248>は一転ストップ安に売り込まれた。外資系証券の投資判断と目標株価引き下げでアダストリア<2685>が急落、決算悪を嫌気されカシオ計算機<6952>も大幅安。丸井グループ<8252>、ダブル・スコープ<6619>の下げも目立つ。
 半面、経営統合に伴う日経平均採用を材料にファミリーマート<8028>が一時ストップ高に買われた。セガサミーホールディングス<6460>が大幅高、関東電化工業<4047>、三菱ガス化学<4182>なども値を飛ばしている。ヤマハ<7951>が商いを伴い急伸したほか、三菱商事<8058>も活況高となった。

 日経平均への寄与度上位5銘柄はファストリ <9983> 、KDDI <9433> 、ヤマハ <7951> 、ホンダ <7267> 、ユニーGHD <8270> 。5銘柄の指数押し上げ効果は合計で約88円。

 一方、マイナス寄与の上位5銘柄はソフトバンク <9984> 、ファナック <6954> 、テルモ <4543> 、京セラ <6971> 、TDK <6762> 。押し下げ効果は約73円。

 東証33業種のすべての業種が下落。下落率の小さかった上位5業種は(1)卸売業、(2)その他製品、(3)鉱業、(4)情報・通信業、(5)石油石炭製品。一方、下落率の大きかった5業種は(1)証券商品先物、(2)不動産業、(3)ガラス土石製品、(4)銀行業、(5)水産・農林業。

■個別材料株

△安川情報 <2354> [東証2]
 19年3月期営業目標10億円とする中期計画を策定。
△ABCマート <2670>
 7月既存店売上高は5.5%増と3ヵ月ぶり前年上回る。
△アイビーシー <3920> [東証M]
 コンセンサス・ベイスとブロックチェーン分野で業務提携。
△荒川化 <4968>
 4-6月期(1Q)経常は73%増益。
△日東精 <5957>
 上期経常を一転44%増益に上方修正、通期も増額。
△セガサミー <6460>
 4-6月期(1Q)経常は黒字浮上。
△Uアローズ <7606>
 7月既存店売上高は9.0%増。
△ヤマハ <7951>
 上期経常を一転6%増益に上方修正。
△ファミリーM <8028>
 日経平均銘柄に新規採用。
△ゴルドウイン <8111>
 出資先のスパイバー代表が「カンブリア宮殿」に出演。


▲テックファム <3625> [JQG]
 東証が信用規制。
▲有沢製 <5208>
 今期経常を39%下方修正。
▲ノジマ <7419> [JQ]
 4-6月期(1Q)経常は3%減益。

 東証1部の値上がり率上位10傑は(1)Sサイエンス <5721> 、(2)日本マイクロ <6871> 、(3)ヤマハ <7951> 、(4)インタワクス <6032> 、(5)Uアローズ <7606> 、(6)ファミリーM <8028> 、(7)ユニーGHD <8270> 、(8)サカイオーベ <3408> 、(9)セガサミー <6460> 、(10)日油 <4403> 。

 値下がり率上位10傑は(1)ニッセンHD <8248> 、(2)アダストリア <2685> 、(3)丸和運機関 <9090> 、(4)フジミインコ <5384> 、(5)ノジマ <7419> 、(6)カシオ <6952> 、(7)イリソ電子 <6908> 、(8)TOA <6809> 、(9)文化シヤタ <5930> 、(10)WSCOPE <6619> 。


【大引け】

 日経平均は前日比308.34円(1.88%)安の1万6083.11円。TOPIXは前日比28.22(2.17%)安の1271.98。出来高は概算で22億4069万株。値上がり銘柄数は167、値下がり銘柄数は1757となった。日経ジャスダック平均は2457.78円(23.75円安)。

[2016年8月3日]

株探ニュース

日経平均