市場ニュース

戻る
2016年08月01日16時43分

【市況】【↑】日経平均 大引け| 続伸、日銀決定を受けメガバンク・指数寄与度高い株に買い (8月1日)

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

日経平均株価
始値  16415.31
高値  16677.49(12:54)
安値  16319.15(09:11)
大引け 16635.77(前日比 +66.50 、 +0.40% )

売買高  24億0409万株 (東証1部概算)
売買代金 2兆4867億円 (東証1部概算)

-----------------------------------------------------------------

■本日のポイント

 1.日経平均は朝安後に切り返し続伸、TOPIXは小幅マイナス
 2.値下がりが全体の7割を占め実質は売り優勢の地合い
 3.日銀ETF買い入れ枠拡大で指数寄与度の高い株に先回り買い
 4.メガバンクはマイナス金利深掘り懸念の後退で買い優勢
 5.円高進行で自動車など輸出株は逆風環境

■東京市場概況

 前週末の米国市場では、NYダウは24ドル安と5日続落。4-6月期GDPが市場予想を下回ったことが嫌気された。

 週明けの東京市場では、朝方は円高を嫌気して売り優勢で始まったが、下値では押し目買いが厚く日経平均株価は前場後半にプラス転換、その後いったん値を消したものの大引けにかけて締まった。

 1日の東京市場は外国為替市場で円高が進んだことで朝方は売りに押され、日経平均は250円の下げをみせた。しかし、前週末の日銀金融政策決定会合で、ETF買い入れ枠を大幅増額するかたちでの追加緩和が決定されたことを受け、下値ではこれをポジティブ視した買いが入り、その後はプラス圏に浮上した。もっとも、日経平均のプラス圏着地は指数寄与度の高い値がさ株が買われた影響が大きく、東証1部の値下がり銘柄数は全体の7割に達するなど実質的には売り優勢の地合いだった。セクターでは銀行の強さが目立ち、個別では引き続き四半期決算発表を絡め株価の明暗を分ける銘柄が多い。

 個別では、マイナス金利政策据え置きを好感して三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>などメガバンクが物色人気。ソフトバンクグループ<9984>も商いを伴い高い。ファーストリテイリング<9983>が買われ、ソニー<6758>も堅調。HOYA<7741>、TDK<6762>の上げも目立った。好決算発表の虹技<5603>がストップ高となったほか、ミロク情報サービス<9928>も値を飛ばした。
 半面、円高を嫌気してトヨタ自動車<7203>など自動車株が軟調、村田製作所<6981>、東京エレクトロン<8035>も下落した。好決算発表も利益確定売りでトリドール<3397>が大幅安となったほか、業績下方修正を嫌気されウシオ電機<6925>が急落、4-6月期赤字拡大を受けNEC<6701>も急落した。

 日経平均への寄与度上位5銘柄はファストリ <9983> 、ソフトバンク <9984> 、KDDI <9433> 、TDK <6762> 、アステラス <4503> 。5銘柄の指数押し上げ効果は合計で約114円。

 一方、マイナス寄与の上位5銘柄は東エレク <8035> 、TOTO <5332> 、日東電 <6988> 、花王 <4452> 、トヨタ <7203> 。押し下げ効果は約32円。


 東証33業種のうち上昇は8業種。上昇率の上位5業種は(1)銀行業、(2)情報・通信業、(3)精密機器、(4)医薬品、(5)サービス業。一方、下落率の上位5業種は(1)証券商品先物、(2)空運業、(3)ガラス土石製品、(4)海運業、(5)その他製品。

■個別材料株

△暁飯島工業 <1997> [JQ]
 1→2の株式分割を実施。
△日本M&A <2127>
 4-6月期(1Q)経常は20%増益。
△アウトソシン <2427>
 上期経常は一転29%増益で上振れ着地。
△ぐるなび <2440>
 4-6月期(1Q)経常は20%増益。
△Hamee <3134>
 新会社「ROOT」設立を好感。
△セーレン <3569>
 4-6月期(1Q)経常は15%増益。
△トクヤマ <4043>
 4-6月期(1Q)経常は4.4倍増益で着地。
△特殊陶 <5334>
 3.2%を上限に自社株買いを実施。
△M&Aキャピ <6080>
 今期経常を一転19%増益に上方修正・最高益更新へ。
△テレ朝HD <9409>
 4-6月期(1Q)経常は34%増益・上期計画を超過。


▲エイチーム <3662>
 今期最終を一転12%減益に下方修正。
▲パナソニック <6752>
 4-6月期(1Q)税引き前は19%減益で着地。
▲ウシオ電機 <6925>
 今期経常を31%下方修正。

 東証1部の値上がり率上位10傑は(1)虹技 <5603> 、(2)ミロク情報 <9928> 、(3)日本ライフL <7575> 、(4)トプコン <7732> 、(5)ジーテクト <5970> 、(6)セーレン <3569> 、(7)みらかHD <4544> 、(8)ぐるなび <2440> 、(9)オーイズミ <6428> 、(10)FCC <7296> 。

 値下がり率上位10傑は(1)ウシオ電機 <6925> 、(2)ミライトHD <1417> 、(3)きんでん <1944> 、(4)キムラタン <8107> 、(5)サノヤスHD <7022> 、(6)FPG <7148> 、(7)トリドール <3397> 、(8)パナSUNX <6860> 、(9)日本調剤 <3341> 、(10)NEC <6701> 。


【大引け】

 日経平均は前日比66.50円(0.40%)高の1万6635.77円。TOPIXは前日比0.91(0.07%)安の1321.83。出来高は概算で24億0409万株。値上がり銘柄数は508、値下がり銘柄数は1384となった。日経ジャスダック平均は2474.37円(5.39円高)。

[2016年8月1日]

株探ニュース

日経平均