市場ニュース

戻る
2016年07月28日16時43分

【市況】シグナルは悪化傾向にあることは意識しておく必要【クロージング】

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

28日の日経平均は反落。187.98円安の16476.84円(出来高概算18億9000万株)で取引を終えた。米連邦公開市場委員会(FOMC)において、9月の利上げを示唆する内容が含まれなかったことから利上げ観測が後退し、為替市場ではドル安・円高に振れるなか、売りが先行して始まった。

寄付き直後に16600円を回復する場面もみられたが続かず、一方で日銀の金融政策決定会合の結果を見極めたいとする模様眺めムードが強く、16500円を割り込んでいる。その後は売り買いが交錯するなかで戻りは鈍く、結局、日経平均は16500円を割り込み、本日の安値圏で取引を終えている。

明日は日銀会合の結果を受けて大きく振れやすいとみられるが、決算発表がピークを迎えることから積極的には手掛けづらい。週末要因もあって参加者も限られており、短期筋の売り仕掛け的な商いには注意する必要がありそうだ。日銀会合の結果が想定内としても、売り方優位の需給状況とみられる。

また、一目均衡表では支持線として意識される雲上限での踏ん張りがみられていたが、結局は雲上限を割り込んでいる。また、転換線に上値を抑えられている。雲上限が16500円辺りから、来週には一気に16240円近辺まで切り下がってくるため、雲に沿った調整が警戒される。シグナルは悪化傾向にあることは意識しておく必要があるだろう。

決算を手掛かりに商いが集中しやすいが、寄付き段階で織り込まれやすく、資金回転が利きづらい状況でもある。そうなると、決算を避けてテーマ等を手掛かりとした物色が意識されてくる。来週の経済対策の発表を意識した政策関連などでの短期的な値幅取り狙いの商いが中心になりそうである。

《AK》

 提供:フィスコ

日経平均