市場ニュース

戻る
2016年06月16日11時37分

【注目】話題株ピックアップ【昼刊】:生化学、日立国際、サンドラッグ、ソフトバンク

生化学 <日足> 「株探」多機能チャートより
■生化学工業 <4548>  1,643円  +133 円 (+8.8%)  11:30現在  東証1部 上昇率2位
 15日、生化学工業 <4548> がスイスのフェリング・ファーマシューティカルズ社と、腰椎椎間板ヘルニア治療剤「SI-6603」の海外独占販売などのライセンス契約締結に向けて基本合意したと発表したことが買い材料。同社は第3相臨床試験を進めている米国での事業化を目指しており、9月までに正式契約する予定。正式契約により、フェンリング社から契約一時金500万ドルを受領するほか、開発や販売の進捗に応じたロイヤリティを受け取る。併せて、発行済み株式数(自社株を除く)の0.35%にあたる20万株(金額で4億円)を上限に自社株買いを実施すると発表したことも支援材料。

■日立国際電気 <6756>  1,608円  +61 円 (+3.9%)  11:30現在  東証1部 上昇率5位
 日立国際電気<6756>が逆行高。ここ世界的に旺盛な半導体設備投資需要を映して、製造装置メーカーの収益環境に追い風が意識されている。4~6月期はスマートフォン関連受注の一服をネガティブに受け取る向きもあったが、同社株の上げ足に陰りはみられず、前週まで週足6陽連を形成し13週・26週移動平均線のゴールデンクロスも接近している。信用倍率が0.3倍台と大幅に売り長であることも株式需給面でプラスに作用している。

■サンドラッグ <9989>  9,640円  +160 円 (+1.7%)  11:30現在
 サンドラッグ<9989>が3日続伸し、上場来高値を更新。同社は15日、5月度の月次売上高を発表。グループ合計の既存店売上高は前年同月比1.3%増、全店ベース売上高は同6.1%増と好調さを維持していることが買い安心感につながっているようだ。セグメント別では、ドラッグストア事業の既存店売上高は同0.7%増、全店ベースが同3.6%増。ディスカウントストア事業の既存店売上高は同2.4%増、全店ベースが同11.2%増となっている。

■ソフトバンクグループ <9984>  5,732円  +60 円 (+1.1%)  11:30現在
 15日、ソフトバンクグループ <9984> がアリババ・グループ・ホールディングの株式を売却したことに伴い、売却益が2000億円から2500億円発生すると発表したことが買い材料視された。同社は中国子会社を通じ保有するアリババ株の一部を資金化する総額100億ドルの資金調達取引を実施した。売却益は17年3月期に関連会社株式売却益として計上する。発表を受けて、売却益の発生による利益押し上げ効果を期待する買いが向かった。

■トリドール <3397>  2,593円  -188 円 (-6.8%)  11:30現在  東証1部 下落率9位
 15日、トリドール <3397> が「丸亀製麺松葉公園店」で名古屋市中川保健所から食中毒の疑いがあるとして行政処分を受けることになったと発表したことが売り材料。14日に同店で飲食した複数の客に下痢、腹痛の症状が発生しているという。今後は、保健所の調査に全面的に協力し、原因の究明に努めるとしているが、食中毒事故発生による客離れを懸念する売りが向かった。

■HIOKI <6866>  2,281円  -149 円 (-6.1%)  11:30現在
 HIOKI<6866>が急落。同社は昨日引け後、16年12月期業績見通しの下方修正と年間配当の減額を発表。売上高は従来予想の215億円から195億円に、営業利益は同33億7000万円から26億2000万円に引き下げており、1株あたり50円と予想していた年間配当を45円に減配することとなった。会社側では、企業の設備投資が先送りされたことで業績に影響が出ているとしており、特に海外半導体産業向けの自動試験装置の販売が低迷したことを挙げている。

■日東電工 <6988>  6,550円  -313 円 (-4.6%)  11:30現在
 日東電工<6988>が反落。15日付で三菱UFJモルガン・スタンレー証券がレーティングを「ニュートラル」から「アンダーウエート」へ、目標株価を5800円から5300円へ引き下げた。偏光フィルムの構造的悪化を背景に17年3月期は通期連結営業利益で会社側計画の900億円(前期1023億9700万円)に対して従来予想の940億円から860億円へ、18年3月期は1030億円から910億円へ引き下げている。

■武蔵精密工業 <7220>  2,156円  -74 円 (-3.3%)  11:30現在
 武蔵精密工業<7220>が続落。三菱UFJモルガン・スタンレー証券では、円高によるマイナス影響はあるものの、「アッセンブリィ製品拡大」による四輪事業の中長期的な成長というエクイティーストーリーに大きな変更はないと指摘。17年3月期営業利益は、1ドル=105円を前提にしても会社計画を大きく上回ると予想して、レーティング「オーバーウエイト」を継続。目標株価は2800円から2600円に引き下げている。

■THK <6481>  1,898円  -56 円 (-2.9%)  11:30現在
 THK<6481>が続落。UBS証券では、国内は量産投資が低迷し、中国の競争環境は厳しい状況が続きそうと指摘。同社が掲げる新たな成長分野も産業用機器は成長力、輸送用機器は収益力で課題が伺え、業績牽引役へ躍進する兆しはまだ見られないと解説。足もとで受注悪化のトレンドは緩和してきたものの、FA関連大手の中で相対感が見劣りするとみて、レーティング「セル」を継続。目標株価を1940円から1800円に引き下げている。

■IIJ <3774>  2,057円  -49 円 (-2.3%)  11:30現在
 インターネットイニシアティブ<3774>が反落。みずほ証券では、今後もMVNO事業の拡大を主因に増加トレンドが見込まれると指摘。成長投資に伴うコスト増は十分に吸収可能で、連結営業利益は増益トレンドに回帰すると解説。「MVNO」というキーワードそのものは既に株式市場で消化されたテーマという認識があるものの、MVNO市場は本格的な拡大フェーズを迎えているのが実態で、今後収益貢献がより顕在化してくる可能性が高いと評価。MVNO市場拡大の恩恵を享受し得る数少ない銘柄と考え、レーティング「中立」継続ながらも、目標株価を2170円から2300円に引き上げている。

■JVCケンウッド <6632>  221円  -5 円 (-2.2%)  11:30現在
 JVCケンウッド<6632>は軟調。15日付で岡三証券がレーティング「中立」継続、17年3月期は通期連結営業利益で会社側計画の48億円(前期42億2100万円)に対して従来予想の65億円から35億円へ、18年3月期は80億円から55億円へ引き下げている。17年3月期はオートモーティブ分野の先行開発投資が回収局面に入るものの、米国無線端末の需要低迷や年金費用の増加などにより、業績の本格回復は18年3月期以降に遅れる見通しとしている。

■T&Dホールディングス <8795>  951.9円  -15.3 円 (-1.6%)  11:30現在
 T&Dホールディングス<8795>が反落し年初来安値に下落した。SMBC日興証券は15日、同社株の目標株価を1300円から1000円に引き下げた。投資評価は「2」を継続した。同証券では「市場全体の期待収益率の上昇」「市場前提の見直し」「バリュエーション基準年度の変更」を目標株価引き下げの要因に挙げている。同社の企業価値には、金利低下がマイナスに働く。ただ、中核子会社の大同生命の業績は堅調であり、毎期350億円程度の株主還元総額が見込まれている。このため、同証券では「市場環境が落ち着けば同社の株主還元に焦点が当たる」と期待している。

■トヨタ自動車 <7203>  5,377円  -86 円 (-1.6%)  11:30現在
 トヨタ自動車<7203>、日産自動車<7201>、いすゞ自動車<7202>、富士重工業<7270>、ホンダ<7267>など自動車株が軒並み安。注目された米連邦公開市場委員会(FOMC)では政策金利の据え置きを決定、市場では7月の利上げも見送られる可能性が高いとの見方も広がっている。一方、きょうの日銀の金融政策決定会合では現状維持を見込む声が強く、日米金利差拡大の思惑の後退から円が買われやすくなっている。足もと1ドル=105円台後半で推移しており、為替感応度の高い自動車セクターは輸出採算へのデメリットが懸念されている。

■三井物産 <8031>  1,208円  -15.5 円 (-1.3%)  11:30現在
 三井物産<8031>が軟調。15日付で三菱UFJモルガン・スタンレー証券がレーティング「ニュートラル」継続、目標株価を1280円から1180円に引き下げた。総合商社の株価決定要因として配当利回りの重要性が高いが、配当利回りでの割安感がないことや原油価格、鉄鉱石価格ともに、少なくとも短期的には下振れリスクが強まっていることなどを指摘している。

●ストップ高銘柄
 モブキャスト <3664>  620円  +100 円 (+19.2%) ストップ高   11:30現在
 インスペック <6656>  725円  +100 円 (+16.0%) ストップ高   11:30現在
 アンジェス MG <4563>  479円  +17 円 (+3.7%)  11:30現在
 など、3銘柄

●ストップ安銘柄
 チエル <3933>  3,800円  -700 円 (-15.6%) ストップ安   11:30現在
 など、1銘柄

株探ニュース

日経平均