株価20分ディレイ → リアルタイムに変更 ベルーナの【株価予想】【業績予想】を見る

9997ベルーナ

東証1
903円
前日比
+17
+1.92%
比較される銘柄
ロイヤルHD
サーラ
千趣会
業績
今期予想
単位
100株
PER PBR 利回り 信用倍率
8.4 0.91 1.66 5.68
決算発表予定日

銘柄ニュース

戻る

<動意株・12日>(大引け)=明治HD、ベルーナ、テノックスなど

 明治ホールディングス<2269>=急騰。前日引け後に発表した同社の16年3月期連結決算は、売上高が1兆2237億4600万円(前の期比5.4%増)、営業利益777億8100万円(同50.9%増)、最終利益625億8000万円(同2倍)という高水準の伸びをみせ、事前の会社側計画から大きく上振れしたことで、これが大きく評価されたかたちだ。従来予想は営業利益段階で665億円、そこから110億円強上回った。製品価格の値上げにもかかわらず、ヨーグルトやチーズなどが好調に消費者の健康志向ニーズを取り込んだほか、生産効率化などの合理化努力も寄与した。

 ベルーナ<9997>=一時ストップ高。同社は11日取引終了後に、17年3月期通期の連結業績予想を発表。経常利益見通しを110億円(前期比54.8%増)としていることが好感されているようだ。売上高は1400億円(同6.3%増)を予想している。主力の総合通販事業ではネットの強化を図るほか、カタログ・ネット・店舗のシナジーの向上に注力。専門通販事業では新商品の開発に取り組み、店舗販売事業ではM&Aを検討している。

 テノックス<1905>=後場急伸。同社はこの日、午後1時に16年3月期の連結業績予想の修正を発表。売上高で195億円から198億3000万円(前の期比11.%減)へ、経常利益で15億円から19億500万円(同18.3%増)へ、純利益で9億円から12億5700万円(同46.0%増)へ上方修正。期末配当も12円から15円(前年期同期12円)へ引き上げ、第四半期末の10円(同4円)と合わせて年間配当を25円とした。期末にかけて大型工事を中心に施工効率が高まり採算が向上している。

 ディー・エヌ・エー<2432>=急反騰。同社が11日の取引終了後に発表した17年3月期第1四半期の連結業績予想が、売上高382億円(前年同期比1.3%増)、営業利益66億円(同64.7%増)、純利益49億円(同2.4倍)と大幅増益を見込んでいることが好感されている。国内ゲーム事業で「ONE PIECE サウザンドストーム」などのスマホゲームの課金収入が好調に伸びており、販促費や広告費の伸びを吸収する見通しだ。

 大同信号<6743>=急騰。同社が11日の取引終了後、集計中の16年3月期連結業績について、売上高が従来予想の210億円から229億円(前の期比4.7%増)へ、営業利益が11億円から18億円(同43.7%増)へ、純利益が10億円から15億円(同28.3%増)へ上振れたようだと発表しており、これを好感した買いが集中している。ATC(自動列車制御装置)や運行管理システムなどシステム製品が好調に推移したことに加えて、グループ会社の管理体制を強化し、きめ細かい生産体制の見直しや品質管理体制の強化を図ったことが寄与したとしている。

 新生銀行<8303>=急反発。同社は11日の取引終了後、決算発表とともに自社株買いを公表したことが好感されている。1億株(発行済み株式数の3.76%)、100億円を上限とした自社株買いを明らかにしたが、市場には「想定外でありポジティブサプライズ」との評価が出ている。16年3月期の連結純利益は前の期比10.2%減の609億5100万円だった。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均