9517 イーレックス 東証1 15:00
678円
前日比
-22 (-3.14%)
比較される銘柄: エフオンレノバ沖縄電
業績: 今期予想
電気・ガス
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
13.7 2.06 1.77 3.13

銘柄ニュース

戻る

イーレックス Research Memo(8):売上高1,000億円を実現するための準備期間という位置付け


■中期経営計画『Dash 1000』とその進捗

1. 『Dash 1000』の概要
イーレックス<9517>は2017年3月期?2019年3月期の新3ヶ年中期経営計画『Dash 1000』を策定し、現在取り組んでいる。タイトルが示すように、4~5年後に売上高1,000億円を実現するための準備を着実に進める3年間という位置付けだ。

新中期経営計画『Dash 1000』の業績計画は前中期経営計画から大きく引き上げられ、最終年度の2019年3月期には、売上高67,339百万円、営業利益7,354百万円、営業利益率10.9%が計画されている。また、収益目標として営業利益率10%、財務目標としてはROE(自己資本利益率)20%、配当目標として配当性向20%が、それぞれ掲げられている。

同社が目指すのは、すべてのバリューチェーンでの競争力強化だ。すなわち、川上の燃料調達を含む発電事業、川中のトレーディング事業、及び川下の小売事業の3つの領域のすべてで十分な競争力を確保することが、今中期経営計画の目標となっている。弊社では、今中期経営計画の骨格は、自社電源開発と販路ネットワークの確立の2点にあると考えている。川中のトレーディング事業は、現在進みつつあるJEPX改革と歩調を合わせながら発展・強化させていくことになると考えており、そのタイミングは次期中期経営計画期間になるとみている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)

《HN》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均