4369 トリケミカル研究所 JQ 15:00
1,965円
前日比
+39 (+2.02%)
比較される銘柄: トクヤマ東応化昭電工
業績: 今期予想
化学
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
19.4 4.02 0.81 2,207
決算New!  2016/11/30 発表

銘柄ニュース

戻る
2016年09月02日07時33分

前日に動いた銘柄 part2:三菱UFJ、トヨタ、フルヤ金属など


銘柄名<コード>⇒9月1日終値⇒前日比


DMG森精機<6141> 1105 -37
野村證券では目標株価を引き下げている。

Vテク<7717> 10520 -690
長期上昇の反動もあって戻り売り圧力は強いか。

gumi<3903> 821 -27
決算発表の接近などもあって手仕舞い売り優勢か。

日本ケミコン<6997> 173 -7
31日にかけて上昇幅を広げた反動も。

三菱UFJ<8306> 574 +9.9
世界の銀行株に資金流入との報道も伝わる。

東京電力<9501> 422 +5
新潟県知事の知事選出馬断念を引き続き材料視。

三井化学<4183> 481 -14
500円レベルでは上値の重さなども意識。

JX<5020> 386.1 -0.8
東燃ゼネラルとの経営統合最終合意と。

住友化学<4005> 476 +2
田中化研の子会社化を評価材料視も。

トヨタ<7203> 6280 +42
為替の円安基調で自動車株には買いが優勢。

ANA<9202> 283 +1.7
原油市況の下落などをプラス材料視。

ミネベア<6479> 1045 -5
31日にはモルガン・スタンレーMUFG証券が新規買い推奨。

村田製<6981> 14300 +395
アップルの製品発表会控えて思惑も。

スズキ<7269> 3474 +45
UBS証券では目標株価を4000円に引き上げ。

岡本工作<6125> 170 +37
半導体関連装置が国の支援プログラムに採択と。

安川情報<2354> 508 +80
IoT関連として物色が継続か。

FDK<6955> 103 +5
田中化研の連想もあって電池関連に関心が向かう。

ASTI<6899> 260 -22
ZMP関連として上昇の反動も。

ミクシィ<2121> 3635 -40
「マーベル ツムツム」北米で提供開始。

パレモ<2778> 262 -25
ファンドによる公開買付価格100円を意識。

東京ベース<3415> 1529 -121
31日の急落で25日線を割り込み処分売りが広がる。

アエリア<3758> 1060 +150
角川ゲームスとの共同タイトルへの期待根強い。

カヤック<3904> 1486 +216
引き続きソニー<6758>系とのVRコンテンツ制作が期待材料。

AWS?HD<3937> 8230 +280
1日は「ZMPフォーラム2016」で講演予定。

田中化研<4080> 793 +100
第三者割当増資により住友化<4005>の子会社に。

トリケミカル<4369> 1757 -112
16年2-7月期決算は市場想定線で材料出尽くし感。

リボミック<4591> 770 +100
米国で抗MKアプタマーに関する物質特許査定。

フルヤ金属<7826> 1636 +72
貴金属の高純度粉末を量産する技術確立との報道。

《WA》

 提供:フィスコ

日経平均