3914 JIG-SAW 東証M 15:00
3,345円
前日比
-25 (-0.74%)
比較される銘柄: 伊藤忠テクノ安川情報エコモット
業績: -
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
20.11 67.45

銘柄ニュース

戻る
2017年01月25日12時27分

JIG-SAW---Peachと日本初となる分散型エッジコンピューティング基盤を用いた実証実験を開始


 

JIG-SAW<3914>は24日、Peach Aviation(Peach)と分散型エッジコンピューティング基盤とAIを活用したデータ管理の実証実験を開始すると発表。実験期間は今春から半年を目途にしている。

分散型エッジコンピューティングとは、エッジサーバを分散させ、ユーザーからの距離を短縮することで通信遅延を短縮する技術である。

今回の実証実験では、同社の提供するAIを実装したエッジコンピューティング基盤にPeachが保有するデータの一部を送り、実用化に向けた安全性と利便性を検証する。

AIを活用したエッジコンピューティング基盤内でデータ管理を行うことで、保有データをインターネット網に出さずに閉域ネットワーク内で分散高速処理および分散管理することが可能になり機密情報の漏えいなどの情報セキュリティリスクが軽減されるという。

《TN》

 提供:フィスコ

日経平均