2928 RIZAPグループ 札証A
-円
前日比
(-%)
比較される銘柄: 東祥コシダカHDセントラルS
業績: 今期予想
サービス業
単位 -株
PER PBR 利回り 信用倍率
0.0 0.00

銘柄ニュース

戻る
2016年08月22日15時45分

RIZAPグループ<2928>---RIZAPが“より筋肉質”な収益構造へと進化!1Qの利益成長はサプライズ


ラジオNIKKEI マーケットプレスの『フィスコ presents 注目企業分析』8月18日放送において、RIZAPグループ<2928>を取り上げている。主な内容は以下の通り。
(話し手:フィスコリサーチアナリスト 飯村 真由)

Q、どういった会社でしょうか?

パーソナルトレーニングジムRIZAPを中心とした美容・健康関連事業の他、アパレル関連事業、住関連ライフスタイル事業、エンターテイメント事業を展開している企業で、7月1日に健康コーポレーションからRIZAPグループへと社名を変更しました。

Q、業績が絶好調のようですね。

15日に発表した2017年3月期第1四半期決算は、売上収益が前年同期比64.3%増の198.34億円、営業利益は前年同期が0.21億円の赤字であったのに対して37.25億円の黒字で着地しました。期初計画では、上期は売上収益390億円、営業利益32億円の見込みだったのですが、第1四半期決算時点で営業利益はこれを超過しており、上期業績予想の大幅な上方修正を発表しています。売上収益は前回5月16日公表予想比7.2%増となる418.00億円、営業利益は前回公表予想比60.6%増の51.40億円への大幅な上方修正はサプライズでした。例年、上期に大幅な広告宣伝費を計上していますが、RIZAPの広告に頼らない集客や既存顧客向け新プランの導入などが実を結び、上期からしっかりと利益を計上できる収益構造へと変化しているようです。

Q、既存顧客向けの新プランとは何ですか?

昨年導入した「ライフサポートコース」は、短期間にコミットした体型の維持、ライフスタイルの根本的な改善、生活習慣病の予防などを目的とした年間契約プログラムで、これにより長期に渡ってRIZAPに通うお客様が増えているようです。また、今年の4月から導入した「ステイタス制度」は、RIZAPで購入したコース・商品の累計金額で、レギュラー・ゴールド・プラチナとランクが決まり、コース価格の割引や各種特典を受けられる仕組みです。

Q、RIZAPブランドの新規事業もスタートしましたよね。

ゴルフのスコアにコミットする「RIZAP GOLF」に続き、7月からは英語にコミットする「RIZAP ENGLISH」がスタートしました。「2ヶ月でTOEIC200点アップ!コミットできなかったら全額返金!」という同社ならではの新サービスで、想定を上回る大反響となっているようです。

Q、今後の注目ポイントはどこでしょうか?

2017年3月期の通期計画では、売上収益が前期比80%増の1000億円、営業利益が2期連続で2倍超の101.50億円を見込んでおり、高い成長性を誇っています。また、RIZAPグループへと社名変更したことで、その圧倒的な知名度を活かした業務提携戦略の強化、M&Aによる事業領域の拡大なども期待されています。

ラジオNIKKEI マーケットプレス
『フィスコ presents 注目企業分析』毎週月・木曜14:30~14:45放送

《TN》

 提供:フィスコ

日経平均