年末ラリーの前哨戦? ここからの個別株戦略

米国株は最高値街道、日本株の行方と為替動向を占う

2019.11.18号

 NYダウなど米国株の主要指数が揃って史上最高値を更新するなか日本株の出遅れ感が意識され始めた。週明け18日の東京株式市場は日経平均株価が目先筋の利益確定売りをこなして続伸、前週に陰線で下回った5日移動平均線を再び回復してきた。年末相場へ向けた下地が整いつつあるとみてよいのかどうか。今後の株式市場見通しと物色対象として有力視される銘柄を第一線で活躍する市場関係者に聞いた。また、全体相場に大きな影響を及ぼす為替の動向についても専門家に意見を求めた。

【年末ラリーの前哨戦? ここからの個別株戦略】相場観特集

  • 山内俊哉氏

    米中協議は先送りの可能性/英国のEU離脱がリスク要因

    11月18日(月) 19時45分

     これから年末に向けて、為替相場をみるうえでのポイントは、やはり米中貿易協議の行方だ。12月10~11日には米連邦公開市場委員会(FOMC)が予定されているが政策は現状維持が予想… [ 記事全文 ]

    上田ハーロー 執行役員 山内俊哉氏
  • 雨宮京子氏

    相場の潮流は変わった、上値指向が続く

    11月18日(月) 18時30分

     東京市場は崩れそうで崩れない。基本観として相場の潮目が変わったという認識が必要ではないか。世界株高の立役者である米国市場の動きがそれを物語っている。昨年はFRBによる利上げ… [ 記事全文 ]

    SBI証券 投資情報部 シニア・マーケットアドバイザー 雨宮京子氏

相場観特集バックナンバー

上昇一服でも強い、年末相場へのシナリオを読む
(2019年11月11日)
上昇トレンド加速、日経平均はどこまで上がる?
(2019年11月05日)
止まらない日経平均、11月相場“上昇加速の確度”
(2019年10月28日)
下げない日経平均、更なる上昇はあるか
(2019年10月21日)
踏み上げ相場突入か、新高値目前の日経平均
(2019年10月15日)