米中貿易協議に光明、リスクオン相場は続くか

3月相場入りが目前、ここからの見通しと投資戦略

2019.02.25号

 25日の東京株式市場は主力株をはじめ広範囲に買いが及んだ。日経平均株価は前週に週間ベースで500円以上の上昇をみせており、目先買い疲れ感も意識されるところだが思った以上に上値指向は強い。売買代金は低調ながら、今は市場エネルギーの乏しさが売り圧力の弱さに反映されている。ただし、実質3月相場入りを目前に投資家のセンチメントが改善傾向にあるとはいえ、リスク要因も依然として横たわることに変わりはない。果たしてこの順風地合いは続くのか。経験豊富な市場関係者にここからの相場展望と物色の方向性について聞いた。

【米中貿易協議に光明、リスクオン相場は続くか】相場観特集

  • 檜和田浩昭氏

    日経平均2万2000円台乗せに期待

    02月25日(月) 20時00分

     今後1ヵ月程度先までの東京株式相場を展望してみると、3月期末が接近すると機関投資家などから年度末特有の持ち高調整の売り需要が想定されることから、ある程度の調整は覚悟しておく… [ 記事全文 ]

    東洋証券 投資調査部部長 檜和田浩昭氏
  • 清水三津雄氏

    夏場に向け上昇基調へ、出遅れは徐々に解消に

    02月25日(月) 19時15分

     日経平均は足もとで上昇しているが、NYダウに比べて出遅れ感が目立つ。外国人投資家も現物ベースでは売り越しが続いている。これは、日本は今年10月に消費増税を控えているほか、… [ 記事全文 ]

    アイザワ証券 市場情報部 日本株ストラテジスト 清水三津雄氏
  • 雨宮京子氏

    日経平均に一段の上値余地、材料株物色意欲は旺盛

    02月25日(月) 18時30分

     東京株式市場は売買代金こそ盛り上がりを欠いているが、それだけに過熱感をあまり感じさせない上昇トレンド形成に至っている。相場が強い背景には米中貿易協議の進展期待やFRBパウエル議長の… [ 記事全文 ]

    SBI証券 投資情報部 シニア・マーケットアドバイザー 雨宮京子氏

相場観特集バックナンバー

日経平均2万1000円突破後に広がる景色
(2019年02月18日)
強気と弱気が交錯する早春の株式市場の展望は
(2019年02月12日)
米経済好調でリスクオン、日経平均の上値は
(2019年02月04日)
凪状態は続くのか? 2月相場の海図を読む
(2019年01月28日)
気迷いムード? 戻り相場の行方と物色対象を読む
(2019年01月21日)